人生で一番美しい日

 

慶応大学医学部教授の坪田一男氏の「老けるな!」(幻冬舎)には、脳と体を若返らせる68の方法が書かれています。大きな活字で、文字数も少なく、通勤電車の中で30分ほどで読了してしまいました。

内容は、目次で充分、分かります。抜粋すると…

●今日は、人生で一番美しい日と思え

●自分をほめろ

●いい言葉しか使うな(汚い言葉は使うな)

●心を許せる友を持て

●嫌いなヤツのグッドラックを祈れ(ポジティブ思考)

●危険を感じたら迷わず逃げろ

●ゴキゲンな人になれ

この中で、「おとといの夜ごはんを思い出せますか」というのがありましたが、オーマイガー!私は昨晩何を食べたのかさえ、思い出せませんでした。これは重症ですね。

最近の脳医学で、特に記憶力や集中力といった脳の働きは、4つの脳内物質(神経伝達物質)がコントロールしていることが分かっています。それは、以下のものです。まるかっこの中は、その物質が少なくなると陥りやすい病気です。

1、ドーパミン(パーキンソン病)

2、セロトニン(鬱病)

3、ギャバ(躁病)

4、アセチルコリン(アルツハイマー病)

これらの物質が欠けるのは、遺伝的な面やライフスタイルに関係しているようです。まだ、分かっていない要素が多いのですが、せめて、毎日、心身ともに健康的な生活を送れば、ある程度のリスクは避けられそうです。

汚い言葉を使わず、人には優しく、自分もたまには褒めてあげて、感謝の気持ちを忘れずに…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください