比較日本人論 


 


 某有名(笑)語学塾で知り合った数人の方と最近、どういうわけか頻繁にメールのやり取りをしています。同じ目標に向かって、自分自身と闘ってきた同士なので、お互いどこか「戦友」のような親しみを感じています。


 


 そんな中で、頂いた飯田さん(仮名)のメールは、非常に面白かったので、ご本人に許可を頂き、「お断り掲載」をさせて頂くことになりました。最近、ネタが尽きているもので、無理にご承諾いただきました。飯田さん、有難うございました。


 


 以下そのままコピペします。面白いですよ!


 


 私はこのごろ比較文化論に再度目覚めて、それに該当するような本を見つけたら買っては読んでいます。本といっても古本です。いま月に14、5日ほど神保町の会社でバイトをやっていますが、ご承知のように神保町は古本の街、いろいろな本を物色するにはとても適した地なのです。


 その中に、ルイス・フロイスの「ヨーロッパ文化と日本文化」(岩波文庫、青459-1)があります。フロイスは、これもご承知のように、信長に接触したポルトガル生まれのイエズス会の宣教師です。面白い比較を2,3紹介してみましょう。450年前の日本人の行動、所作が記されており、現在の我々のそれと寸分も違わないことがわかり、非常に興味をそそられます。


 


 

「われわれの間では人を訪れる者は何も持っていかないのがふつうである。日本では訪問の時、たいていいつも何か携えて行かなければならない。」

 

 

 

「ヨーロッパでは言葉の明瞭であることを求め、曖昧な言葉を避ける。日本では曖昧な言葉が一番優れた言葉で、もっとも重んぜられている。」これに対して訳注者の岡田章雄氏は「日本では敬語を尊重し、当時は最も複雑な敬語法の発達した時代である。その敬語は直接明確な言い方を避けて、特に間接的で断定しない表現をとったことを指している。」と解説している。

 

 

 

「われわれは怒りの感情を大いに表すし、また短慮をあまり抑制しない。彼らは特異の方法でそれを抑える。そしてきわめて中庸を得、思慮深い。」これに対し岡田氏は「喜怒を色に現さないという儒教的、封建的な道徳観によるものであろう。」と述べている。

 

 

 

 これは昔の比較日本人論ですが、現代の比較日本人論も、日本文化と日本人の思考、行動を知る上で大いに役立ちます。

 

 

 いかがでしたか?フロイスを読みたくなったでしょう?

 

 

 

 

 さてさて、昨日書いたことの続きですが、読み返してみると、どうも、帯広市役所の人が勝手にM野さんに私の住所を教えてしまったかのように読めないことはないのですが、それは決してありませんでした。

 事前にちゃんと、ご連絡があり、「読者の人が熱心にあなたに連絡をとりたがっていますが、どうしますか。別にお断りしてもいいですけど」と市役所の方から電話がありました。

 私は「どうぞ、お伝えしてもいいですよ」と承諾したのでした。

 個人情報がうるさい昨今、私の愛する帯広市役所が、そんな勝手な振る舞いをするわけではありませんので、どうぞ、誤解のないよう宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

センプレ

“比較日本人論 ” への3件の返信

  1. うわー有難うございます!
    皆さん、コメント有難うございました!
    ただし、私よりうまく書かないでくださいね(笑)
    私のブログより、コメントの方が先に熱心に読まれていまいますから(笑)。
    もちろん、嬉しい冗談です。
    コメントはどんどんどん歓迎です。

  2. 風呂椅子にコメントします。
    某有名語学塾で知り合った数人のうちのひとりです。(笑)

    感想をコメントさせていただきます。

    「われわれの間では人を訪れる者は何も持っていかないのがふつうである。・・・」

    私は長い間日本人と外国人が混在する職場で働いていますが、贈り物に関しては、それほど違いを感じたことはありませんでした。
    ただ、欧米の人がプレゼントを自分が好きで相手に贈るのに対して、日本人はそれが社会的習慣になっていて、相手からお返しを期待するということでした。人を訪れる、ということが欧米の人のほうがもっとカジュアルにやるのに対して、日本人の場合それがフォーマルになってしてしまって、その結果、贈り物も必須アイテムになるのでしょう。
    贈り物文化については、よく日本は特異のように言われますが、私は欧米の誕生日、クリスマスやバレンタインのプレゼントの演出を見る、決してそうだとは思いません。

    日本では社会的なもの、欧米では個人的なものだという違いがあるということではないでしょうか。
    日本人でお返しをしない人は陰口をたたかれるくらいですみますが、欧米で夫婦間で誕生日を忘れたり、クリスマスプレゼントを用意してなかったり、バレンタインに奥さんに何もデリバリーされなかったとき、その人は家族から制裁を受けることは間違いありません。

    「ヨーロッパでは言葉の明瞭であることを求め、曖昧な言葉を避ける。・・・」

    私の上司でイギリス人が二人いました。英語という言語がそうなのか、国柄がそうなのかわかりませんが、私はむしろ英語のほうが曖昧表現が多彩だなあと感心してばかりいました。彼らは外交の術に長けていて、どんなに不利な状況でも、ファジー(死語?)にうまく切り抜け、決していやな相手にもいやな言葉を返さず、かつどちらとでも取れるような言い方で状況を自分に有利に導いていくことにかけては天才的でした。また、この2年間フランスの会社ともやりとりしましたが、彼らの英語による社交的曖昧表現にも舌を巻きました。決してNOを言わずにうまく逃げる方法は天性のものがありました。

    「われわれは怒りの感情を大いに表すし、また短慮をあまり抑制しない。
    彼らは特異の方法でそれを抑える。・・・」

    これも、私は今までの経験では逆のパターンを見る事が多かったです。
    日本人というかアジア系の人のほうが感情的な発言に走ることが多かったのに対し、ヨーロッパの人は見事に社交的曖昧表現を駆使して感情を抑え、しかし、陰ではしっかりと主張していて、気がつくと彼らの有利に物事は動いていた・・ということが多くて、ああ、私たちはどうしてこう単細胞なのかと嘆き、今度からは自分の本心はちゃんと隠すトレーニングをつまなければ、と思うことばかりでした。

  3. Unknown
    19世紀中ごろから開国の動きにあわせて多数の欧米人がわが国を訪れるので、それらの人々による見聞記や滞在記から150年くらい前の私たちのご先祖様がどのような暮らしで文化を持っていたのかはかなり詳しく知ることが出来ます。
    個人的には美しい国日本とは、このころまで(欧米の化されていない)のわが国の事だと思います。
    誇らしくて愛らしく、我がご先祖様ながら自慢してしすぎることは無い、と。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください