見るに値しないテレビ

 

 

 

今日はもう大晦日。ブログなんてやっている暇はないんですけど…。大掃除もまだしてません。明日からもうバッチリ仕事が入っていますし、これからやります。

 

昨日は、隠れ秘境と言われる玉井温泉に行ってきました。東京から車で高速を使って1時間以内。日帰り温泉で、1回700円です。入るとお肌がすべすべする感じで1年間の垢を落とせました。

 

帯広に住んでいた頃はそれこそ毎日のように温泉に入れたものです。市内の街中の銭湯でさえ温泉でしたし、車で15分ほど行けば、本格的な温泉宿がたくさんありました。私が特に贔屓にしたのは「丸美温泉」です。1回250円くらいじゃあなかったでしょうか。「地方格差」が叫ばれる昨今ですが、温泉だけに限れば恵まれていました。逆格差です。帯広はマイナス20度にもなる極寒の地ですが、おいしい空気と水と自然と満天の星と野生の鹿と熊さんに恵まれたいい所です。仕事は厳しい所でしたが、遊びで行くといいですよ。

 

然別湖の氷祭りに行ったら、そこに露天風呂があって、若い美しい女性が手を振ってくれました。これ以上書きませんが、いい思い出です。

 

テレビは年末特番をやっていて、見るとはなしに見ていたのですが、クイズ番組で30人くらいのタレントが登場していて、こんな問題がありました。「ABCの歌」の歌詞で、「…HIJK」の次の「○○○」は何でしょうか?というものです。もちろん、答えは「LMN」です。全員正解に決まっていると思ったら、何人かのタレントが答えられないんですよね。信じられません。テレビというメディアはここまでレベルが低いんですかね。ここまで低いレベルの視聴者しか相手にしていなんですかね?もう、馬鹿らしさを乗り越えて、情けなくなってしまいました。(まさし時間の無駄、人生の無駄です!テレビなんか見なければいいという声が聞こえてきそうですが)

 

この1年間、皆さんにはお世話になりました。よいお年を!

“見るに値しないテレビ” への5件の返信

  1. 追加
    芽室町は、ゲートボールの発祥地。幕別町は、パークゴルフの発祥地。あと、大樹町は、ミニバレーボールの発祥地でしたね。十勝は結構スポーツが盛んです。スピードスケートの金メダリストの清水選手は帯広出身です。
    十勝の人は明るいですか…?うーん、そう言われると嬉しくなりますね。冬でもカラッとしていて「十勝晴れ」は有名です。

  2. なつかしいです
    小学校時代を釧路で過ごしました。修学旅行で音更、帯広動物園、オンネトーに行きました。帯広の風景や函館の景色が写真で出てきてなつかしくみています。
    釧路は帯広の隣町とはいえ、晴天の続く帯広とは対照的な気候。曇り空、霧に閉ざされるところで、そのせいか人の性格・考え方もも帯広と釧路では全然ちがいました。社会人になってから、芽室町出身の友人ができましたが、やはり釧路人とはちがって十勝の人は明るいなあと思いました。
    渓流斎さんの視点はやはりなんとなく都会人から見た北海道だなあと思いました。ちがっていたらごめんなさい。:)

  3. 帯広・N様
    すみません!温泉だけじゃありませんでした!
    自慢じゃないですが、帯広畜産大のお馬さんと牛さんと友達になりましたし(笑)。

    音更と陸別で見た満天の星々には、自然に対する畏怖を感じました。

    東京より人間らしい生活ができることは確かです。

    「思いがけないほどの中断」なんて言ってくださって感激です。そこまで、熱心に読んで頂いたとは驚きです。

  4. 「温泉だけに限れば」ですか?
    ・・・とほほ。でも、モール温泉の疲労快復感をまだ実感していてくだされば、何よりです。
    帯広・十勝が「非日常」としてではなく、「こんな暮らしがしたいと焦がれていた日常」の地として評価されますように!

    思いがけないほどの中断もありあしたが、2007年も「渓流斎日乗」を日々楽しませていただきました。
    ありがとうございます。そして、お疲れ様です。

    良い新年をお迎えください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください