人生に楽なし

皆さん、色々とコメントを有難うございます。全員にお礼を述べるときは、こういう場合、便利ですね。

先日、東京新聞に出ていた「人生相談」がここ数日、どういうわけか、最近ちょっとついていない私の心の支えとなって、何度も読み返しています。回答者は俳優の浜畑賢吉氏です。

全文引用したいのですが、そういうわけにはいかないので、ほんの少し抜粋します。

往年の青春ドラマで正義感の強い青年を好演していた浜畑氏は、こう述べます

「…楽なことばかりの人生なんてありません。

俳優で恵まれた人など一握りです。言いたくはないのですが、私も常に悩み苦しみと戦いながら、生き残ってきたのです。…」

何と正直なお答えなのでしょうか!私は、本当に感動すらおぼえました。

俳優といえば、皆からチヤホヤされて、高額のギャラをもらい、豪邸に住み、何でも自分の思い通りになる…。世間が考える俳優像はそんなものではないでしょうか。

しかし、浜畑氏は、俳優業は夢を売るのが商売なので、そのイメージを壊してはいけない、と心の中で自戒しつつ、現実の厳しさを正直に吐露しているのです。さらに、こう言います。

「…どんな社会にいても、苦しいこと、嫌なことなど、鬱になる状況はたくさんあります。俳優はそもそもが躁鬱病的、あるいは統合失調症的な傾向が強いものです。しかし、そのままでは仕事になりませんから、その都度踏ん張って、自分の心を軌道修正しているのです。つまり、自分の心をある程度操作できるから俳優をやっていられるのです。…」

うーん、この言葉に私は大いに勇気付けられました。

“人生に楽なし” への1件の返信

  1. 生きることの意味は何だろう?
    はじめまして。

    栃木県出身の作家、山本有三の路傍の石の中にこんな一節があります。
    「たったひとりしかいない自分を、たった一度しかない一生を、本当に生かさなかったら、人間生まれてきたかいがないじゃないか。」

    三木 清は、「孤独は山(自然)にはなく、雑踏(都会)の中にある。」と言いましたが、含蓄のあることばですね。山は人を裏切りませんが、友人は簡単に人を裏切ります。裏切られると、悲しいくらい孤独感に陥ってしまいます。
    「自分は、ひとりぼっちだ!」と言って、死を考えたりすることもあります。

    人間は、だれでも「自分はひとりぼっち!孤独だ!寂しい・・・。」と思うときがあるのではないでしょうか。あなたは、どうでしょうか・・・・・・。

    聖書は、その根本的な原因は何かを教えています。
    「聖書が教える人生」について、3年間ほどブログを書き綴ってみました。
    何か、あなたのお役に立てれば感謝です。

    http://blog.goo.ne.jp/goo1639/

    私の過去のブログの記事から、「孤独」について書いた箇所を選んでみました。
    http://blog.goo.ne.jp/goo1639/c/0b95efb0c3699796b0f607dda87c0bba

          

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください