アンドレア・ボチェッリはやはり「神の歌声」でした

2008年4月19日

 

17日の夜は、有楽町の国際フォーラムにアンドレア・ボチェッリの公演を聴きにいきました。

 

8年ぶりの来日です。1994年のCDデビュー以来、全世界で実に6000万枚以上の売り上げを誇るテノール歌手です。日本ではよほどの通の人しか知られていないかもしれませんが、サラ・ブライトマンとのデュエット「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」を歌った人い言えば思い出す方も多いかもしれません。目が見えないハンディを乗り越えて、世界的な成功を手中にした人です。

 

最近のクラシック界の動向を追っているわけではありませんが、パヴァロッティ亡き後の世界を代表するテノール歌手と言っていいのではないでしょうか。公演では、非常に感動してしまいました。楽器の極地は、「人間の声」と言われていますが、人間の声の中でも、やはり、テノールが極地の中の極地だと実感しました。共演したバリトンのジャンフランコ・モントレソルが、ボチェッリの引き立て役になっていましたし、聴いていて心地よかったのは、やはりバリトンよりテノールの方でした。

ボチェッリに対する批判の一つに、クラシックとポップスを両方歌うので、「節操がない」というものがあります。私はこの批評は当たっていないと思います。アンコールで、やっと「「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」とプッチーニの「トゥーランドット」から「誰も寝てはならぬ」(トリノ冬季五輪で荒川静香さんが有名にしてくれました)まで披露してくれましたが、全く違和感がなかったですからね。

ボチェッリの宣伝文句に「貴方は神の歌声を聴いたか」というコピーがあり、大袈裟だなあ、と思っていましたが、この文句に偽りはありませんでした。神の声、天上の声でした。100人近いコーラスとソプラノのマリア・ルイージャ・ボルシ、黒人女性歌手のヘザー・ヘッドリーらとオーケストラを率いて熱唱2時間。何と心地良い時間を味わうことができたことでしょう。

 

公演を見逃した人は、衛星放送のワウワウで5月21日19時50分からこの日のライブを放送します。え、ワウワウに加入していない?(実は私もそうですが)他のライブがDVD化されていますから、買うなり借りるなりして実際に見てください。

その声量には驚かされますよ。

“アンドレア・ボチェッリはやはり「神の歌声」でした” への3件の返信

  1. 荒川静香 ブログ

    イナバウアートーク?イナバウアートーク?荒川静香さんの解説は喋り方がお婆ちゃんみたいですか?イナバウアートーク?
    荒川静香の金メダルが決まった時に・・・荒川静香の金メダ…

  2. 千鳥ヶ淵
    千鳥ヶ淵の桜は、私も東京ではベストだと思っています。変な日本語ですが、満開過ぎる光景に爽快感があります。他と比較しても気品があります。そのためにも千鳥ヶ淵のフェヤーモントホテルに泊まることをお勧めします。

    もちろん、今は散っています。

    これからは桜は弘前ではないでしょうか。どこかの本に日本の三大桜の名所と書かれていました。残念ながら私は一度も行ったことはないですが。

  3. 東京よもやま話
    観光で東京を訪れたとき、山手線だったと思うんです
    が、東京駅から少々の線路沿いに、立派なホールが建
    っているのを見かけました。あれが国際フォーラムだ
    ったんですね。

    ジェフ・ベック・グループの来日公演がここで開かれ
    て、満員近くのファンを魅了したと、たしか雑誌に載
    っていました。「ああ、無理しても行っておけばよか
    った」とつぶやきました。しかし後の祭りですね。

    千鳥ヶ淵の桜は散ってしまったのでしょうか。全国を
    回ったわけではありませんが、見ごたえのある、日本
    でも有数の花見どころだと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください