梅田望夫「ウエッブ時代をゆく」

 2008年5月10日

梅田望夫著「ウエッブ時代をゆくーいかに働き、いかに学ぶか」(ちくま新書)を読んでいます。

以前、作家の平野啓一郎氏と対談したものをまとめた彼の「ウエッブ人間論」については、私のブログで紹介したことがあります。目から鱗が落ちるような、コペルニクス的転回を味わされるような書物でした。

今や、梅田氏は、現代ネット界のメンター、もしくは教祖だと断言していいでしょう。

 

で、正直に告白しますと、4月29日付で書いた「性善説」は、実は、この梅田氏がお奨めになっていたソーシャルネットワークだったのです。私は、彼のことを本を通してだけなのですが、信頼していたので、早速登録してみました。

 

でも、途中でよく分からない部分があったので、彼に質問してみました。彼も当然、このネットワークに登録していたからです。

あれから10日以上経ちましたが、彼から何の返事もありませんね。

 

彼ほど有名になると、一日に数千通のメールが来ることでしょう。それらに一々に答える暇はないという状況は推測されます。

 

彼は非常にネットに関しては楽観的にとらえておられますが、下々は、もしくは彼の興味範疇以外は黙殺という大前提があるようです。

 

はた、と思ったのですが、「天下国家」を論じるような輩の人々は同じような傾向があります。普段は一般市民でも、いったん、愛国心や、国家観などに火がつくと、自分がまるで、オリンピック選手に選ばれたかのように錯覚して、国家の代表者のような顔になります。

 

しかし、そういう輩に限って、細部の詰めに甘いのですね。細心の注意に欠けるのです。「神は細部に宿りたもふ」という格言を知らないか、忘れているのです。

 

まさか、梅田氏は、私のような無名な人間が、あなたのことを堂々と書かれているとは思いも寄らないでしょうね。

 

彼(1960年生まれ)は、若い人に向かって、3つの教訓を訓示されておられます。

 

その中で、1つだけ、私が気に入ったので、ご紹介しますが、

●自分の頭で考え続け、どんなことがあっても絶対に諦めない

 

という言葉がありました。

 

これだけは、(いや、他にもありましたが)心底同感する言葉なので、私のブログに再録させてもらいました。

 

●自分の頭で考え続け、どんなことがあっても絶対に諦めない

 

これは、非常に大切です。どんなに、親友に裏切られようが、上司に理不尽なことを押し付けられようが、後輩に馬鹿にされて出し抜かれようが、家族に相手にされずに蔑まれようが、孤立して辛酸を嘗めようが、最期に残るのはこの言葉のみです。

 

まあ、私個人の体験からですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください