渡辺弥栄司先生にお会いしてきました

公開日時: 2008年6月13日 @ 11:29

 

「125歳まで、私は生きる」http://www.sonymagazines.jp/book/details.php?disp=200305&hinban=012011の渡辺弥栄司さんにお会いしてきました。

 

1917年生まれですから、今年91歳。驚くほど矍鑠としておられ、前向きで、プラス志向で、周囲に知恵と勇気と元気を与えてくれて、明るくしてくれる人でした。

人間ですから、山あり谷ありの人生で、それこそ、辛いことも苦しいこともあったことでしょう。しかし、渡辺さんの著書にもありましたが、愚痴ひとつこぼさないのです。

口から出る言葉も、前向きな言葉ばかりなのです。

「やりたいことがいっぱい。人生楽しくてしょうがない」

「夢と希望にあふれ、楽しくてしょうがない」

さすがに、55歳で英語資格試験TOEICを考案したり、65歳で司法試験に合格したりするバイタリティがある人でした。

確かに、渡辺さんは、東京帝大ー商工省と進む超エリートコースを歩んだ方なのですが、戦争も経験されていますし、49歳で退官した直後は、当初は無報酬で、日中経済交流のために尽力したりします。私はまだ読んでいませんが、城山三郎の「官僚たちの夏」という小説に、渡辺さんのモデルが登場するそうです。義を通す熱血漢の官僚として。

しかし、苦労話ひとつされないんですね。これには驚きました。

しかも、大変腰が低く、全然威張らない。

「人間、威張ったらおしまい。威張っていては進歩しませんよ」

ということで、91歳になるというのに、黒塗りのハイヤーの送り迎えを拒否して、今でも、満員電車で法律事務所まで通勤されているそうです。「真向法」という柔軟運動を朝晩続けているため、今でも体が柔らかいのです。背筋もピンと伸び、60歳代と言われても分かりません。

いやあ、世の中、こんなに志の高い気高い方がおられるとは…。

こういう人に会うことができただけでも、私自身、幸せを感じてしまいました。

“渡辺弥栄司先生にお会いしてきました” への4件の返信

  1. そうなんですよ
     わずか、25歳の青年が、「世の中嫌になった」とか「親が悪い」「社会が悪い」とか言って秋葉原で犯罪に走るんですからね。ふざけていますよ。

     渡辺氏は、91歳ですよ!

     それでも「まだまだ夢や希望がいっぱいあって、人生、楽しくてしょうがない」とおっしゃっているんですよ!

     見習わなければなりませんね。

  2. 勇気づけられて

    このような立派な方にお会いできるなんて
    超ラッキーですよね!

    人生楽しくてしょうがない!

    すばらしいですよね。

    ちょっと最近落ち込んでいる私、
    元気をいただきました

  3. そういうものです
    人間、威張りたいんですよ。
    社長や国会議員や高級役人は威張って当たり前ですが、文化人気取りの作家でも、シナリオライターでも、コント作家でも、医者でも、弁護士でも、皆、みんな、「先生、先生」と呼ばれたいんですよ。

  4. すばらしいですね
    威張ったらおしまい、というお言葉は深く胸にしみこみます。
    一番嫌いなものが威張るヤツ、なんですが、自分を振り返ると「ああああっ」となって、赤面ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください