今年の流行語大賞は「ちーがーうーだーろー!」?

小倉城趾からの展望

年末恒例の「流行語大賞」の候補作が昨日、発表されました。

30語の候補作は以下の通りです(50音順)。

アウフヘーベン/インスタ映え/うつヌケ/うんこ漢字ドリル/炎上○○/AIスピーカー/9.98(10秒の壁)/共謀罪/GINZA SIX/空前絶後の/けものフレンズ/35億/Jアラート/人生100年時代/睡眠負債/線状降水帯/忖度/ちーがーうーだーろー!/刀剣乱舞/働き方改革/ハンドスピナー/ひふみん/フェイクニュース/藤井フィーバー/プレミアムフライデー/ポスト真実/魔の2回生/○○ファースト/ユーチューバー/ワンオペ育児

小倉城趾=埼玉県比企郡

これでも、私は普段、マスコミの最先端の仕事をしておきながら、そして恥ずかしながら、知らない言葉があるのですよ、はい。

「けものフレンズ」「ハンドスピナー」「線状降水帯」「ワンオペ育児」…何なんしょ?意味は分からないことはないですけど、今年そんなに流行ったのかしら?

小倉城趾=埼玉県比企郡

やはり、今年の流行語大賞は、「忖度」あたりが、一番相応しい気がしますが、私が思い切って選ぶとしたら、

ちーがーうーだーろー!

でしょうね(笑)

中高一貫の超有名女子学園(桜蔭)から東京大学〜官僚という絵に描いたようなエリートコースから国会議員に転身された豊田真由子さんによる暴言、暴行。

彼女、こないだの総選挙では落選してしまいましたが、是非とも、流行語大賞を獲得して、今年の授賞式にも出席していただいて、受賞スピーチで叫んでほしいのです。

ちーがーうーだーろー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください