携帯通信事業者をR社に替えました

 ここ2~3週間、迷いに迷った末、携帯通信事業者をK社からR社に替えました。昨夕、契約しましたが、清水の舞台から飛び降りる覚悟でした(笑)。ミドルリスクでしたからね。

 きっかけは、正直、今の私の力量では、K社では月々の通信量が高かったからです。そしたら、新規参入のR社が1年間のプラン料金無料や高額のポイント還元キャンペーンをやっていることから乗り換えることにしたのです。その間、IT雑誌の敏腕編集者だった畏友の志村氏からさまざまな助言を得ることができ、それでやっと決心しました。

 清水の舞台から飛び降りる覚悟をしたほど心配したデメリットは、今使っているiPhoneを、SIMカードを替えてそのまま使うため、果たして、通話やデータ通信が実際に使えるかどうかという不安です。自分でSIMカードを替える自信がなかったので、ショップに行って替えてもらいましたが、その際に、iPhoneはR社の正式対応機種ではないため、もし仮にうまくいかなかったら自己責任になりますよ、といったような趣旨の「誓約書」にサインさせられましたからね。ドキドキでした。

 しかも、R社と契約すると自動的にK社との契約は解約(手数料込みで解約料が1万3750円)になりますが、K社で契約していたiPhoneのアップル社の保証もなくなり、R社では改めてアップル社との保証契約はできないと言われたのです。これがミドルリスクです。小生のiPhoneは、2018年12月に買ったXSという当時の上位機種(カバーとケース付き13万5660円)でしたから、まだそんなに早く壊れることはないでしょうが、落として画面のガラスを割ったりしたら、修理が全額自己負担になり大変です。

 こうしたデメリットを越えて有り余るメリットが、プラン料金(1カ月2980円)が1年間無料だということと、専用のアプリを使えば、通話もショートメッセージも使い放題だということです。つまり、国内電話はかけ放題、ネットもデータ量を気にすることなく気軽に使えるということです。

で、まだ、契約して1日しか経っていませんが、電話もショートメッセージも通じて、一応満足しています。いや、R社に替えて良かったとさえ思っています。

 ショップでは1カ月間だけ無料のRマガジン(1カ月超えると月額418円)とRミュージック(同980円)に試しで契約してみました。契約しただけで600ポイントが貰えるからです。嗚呼、ポイント奴隷ぶりをここでも発揮してしまいました(笑)。

 そしたら、吃驚。Rマガジンは主要週刊誌、月刊誌500誌以上もがバックナンバーから最新号まで読み放題なのです。これでは雑誌は売れませんね。電車の中で、どうも誰も週刊誌も読まなくなったと思っていたら、もしかして、スマホで読んでいたのかもしれません。

 なあんだ、そういうことだったんですか。

【追記】

 ということで、小生が使っていたK社の携帯メール(〇〇〇@ezweb.ne.jp)は、不通になりましたので、宜しくお願い申し上げます。

Rショップ銀座のFさんは、日本語が少したどたどしかったので、ご出身地を聞いたら「中国の長春(満洲帝国時代の首都新京)」だというのです。15年前に来日して、今は日本人に帰化されたそうで、少し親しみを感じて思い切って契約したわけです。

Rミュージックは、古いジャズが無さそうだったので、すぐ解約してしまいました。

 

スマホ中毒には白黒設定を

スペイン南部ミハス

NHKラジオの杉田敏先生の「実践ビジネス英語」はもう何年も何十年もお世話になっておりますが、先週と今週は「スマホ依存症」を特集しています。

今日25日の放送では、「調査によると、大人は1日に平均80回余り、自分の携帯をチェックしています」とあり、これには吃驚してしまいました。

米国の企業が舞台での会話なので、「大人」とは米国人のことなのかもしれませんが、1日80回とは、多いですね。単純計算してみますと、1日、睡眠時間8時間を除いた活動時間を16時間としますと、1時間に5回はチェックしていることになります。となると、12分に1回チェックしているということになります(笑)。

電車内では、ほとんどの人がスマホを見てますからね。新聞を読んでいる人は、絶滅危惧種です。

私も1時間に1~2回ぐらいチェックしてますから、間違いなく「スマホ依存症」、もしくは「スマホ中毒」、または「スマ中」(何か島忠家具センターの略か、どこかの中学校の略称みたいで、この言葉は流行らないでしょうが=笑)です。

スペイン南部ミハス

最後の方で、スマホ依存症からの解決策として、スマホの画面を「グレースケール」に設定することを勧めておりました。初めて聞くことなので、何のことかと思ったら、グレースケールを設定すると、画面が白黒になるというのです。執筆者の杉田先生も試してみたら「驚くほど効果的だった」と「あとがき」に書いておりました。

ただ、「色彩の消えたスクリーンのスマホは、単なる実用的なツールに過ぎなくなり、非常に退屈で、使う意欲がかなり減退します。あまりにも退屈なので、私はやはり元に戻してしまいました」と告白しておりました。

私自身、ほんの1週間程度でしたが、9月にスペイン旅行した際は、スマホはカメラとしか使わず、画面チェックしなかったので、スマホ中毒は治りましたが、帰国したら元の木阿弥です。

この際、私もグレースケールにしてみようかと思いましたら、スマホが古い機種なので、その機能が付いていませんでした。

オー!ノー!

渓流斎、ついに断筆宣言?!

江戸城大手門口

【政治屋】
うまくいった。帝国議会で、やっと俺様一強多弱法案が通過したぞ!これからも縁故主義を徹底し、気にいらねえ奴は、どんどんしょっぴいてやる。讒謗律でも新聞紙条例でも国防保安法でも何でもいい。

とにかく、主義者や危険思想の持ち主、扇動家、弱い無名ブロガーはドンドン逮捕しろ!

【公安当局】

へー、八丁堀の旦那、分かりやんした。

あっしも、渓流斎とかいう野郎、むっかしから気に喰わなかったんでがんすよ。

あんの野郎、いつも調子の良いことばかしほざきやがって、ただじゃおけねえ。そう、思ってたところでがんすよ。

市中引き回し、獄門、遠島…何でも御座れ。

あやつの息を止めて、まずは金輪際、ブログなんぞで危険思想をばら撒かないよう断筆宣言させましょう。

お約束致します。

何の花かなあ?

【渓流斎】

最近、スマホ中毒で眼精疲労になってしまいました。

ススメ ススメ ヘイタイサン ススメ

木口小平ハ テキ ノ タマ ニ アタリマシタ ガ、シンデモ ラッパ ヲ クチ カラ ハナシマセンデシタ(尋常小学校修身書)。

渓流斎は寝ても覚めても、電車に乗っても、トイレに入ってもスマホを離しませんでした。

これじゃあ眼痛で夜も眠れない。

百薬の長の酒だって、呑み過ぎたら身体に悪い。賢者は「休肝日」を設けるものです。

て、ゆうことで、小生も「休刊日」ではなく「休眼日」を設けることにしやんした。

それゃあ、毎日毎日、小さな液晶画面ばかし見てたら、お目めさんも疲れますよ。

今、毎月400円払えば、週刊新潮、文春、現代、ポストを始め、月刊誌まで100冊ぐらい読めるネットサイトもあり、契約しようか、どうしようか悩みましたが、やめました。あの憎っき、ドコモですからね(笑)。それに、人智を超えているというか、自分の処理能力を超えてます。

100冊なんか読めるわけない。しかも、液晶画面で眼が痛くなる。それで人生が終わってしまう…(笑)。

…ちゅうことで、断筆はしませんが、たまには休筆させていただきます。

熱烈な読者諸兄姉の皆々様方にはご迷惑をおかけしますが、今後とも御指導、御鞭撻の程宜しゅうお頼み申し上げ仕りまする。

渓流斎の法則 その357回 第3刷

淡路島名物「鯛茶漬け定食」

・M都知事の年収は、2900万円。ボーナスを入れれば、4年間で、1億5000万円とか。

・都議会との取引に成功したMは、都知事を辞めないとか。リコールしかないでしょう。そもそも、都民の暮らしのことは考えず、自分の金しか目がない田舎もんですから。福岡の恥。

・斡旋収賄罪の疑惑で大臣を辞任したAさん。司法取引したのか、不起訴の判定。「これでは、検察不信になる」と有識者。いやいや、最初から庶民は信用してまへん。政治家と法曹人は最初からグルでしょう。

・大阪の80歳の高齢者が、オレオレ詐欺で8億5000万円も騙されて奪われたとか。過去最高額。全国的にも大阪人は、◯◯だから騙されないという定評を覆す?

・昨日、品川駅で、歩きスマホの若い女が、「どけ、どけ」と言わんばかりに、こちらに突進してきた。周囲は全く目に入らない様子。俺様の天下。

・マースィーの法則だった「歩きスマホはなくならない」「オレオレ詐欺はなくならない」は、今後、渓流斎の法則に移管。

マースィーの法則 歩きスマホはなくならない 第6刷

紫陽花
・この世とは、老若男女が棲む魑魅魍魎の世界。

・「歩きスマホ」は、なくならない、この世がある限りは。

・「オレオレ詐欺」は、なくならない、この世がある限りは。

・我々が、この世に両親から生まれてくる確率は、700兆分の一。つまり、奇蹟です。

・奇蹟ということは、この世に生まれただけでも幸せです。

・ですから、私も生きているだけで幸せで、悩み事はありません。

・嘘でも強がりでもなく、本心です。

・他人様(ひとさま)とは比較せず、他人様の顔色は伺わず、足るを知り、全ての責任を自分で背負い、世のため、人のための事を考えていれば、悩みは消えます。

・いつもいつも、お天道様は見ています。

・中国人の観光客は、なぜ例外なく誰も彼も騒がしいのか?ーそれは、日本人だけがうるさく感じているだけで、本人たちはあれが普通。中国語は、抑揚で意味が全く変わり、大声を出さないと通じない言語だからである。

・日本人はなぜ例外なく、付和雷同で、自分の意見を持たず、お上の言うことは、唯々諾々と従うのか?ーそれは、日本語は抑揚で意味が変わるわけではなく、小さな声でも通じる言語だからである。