所用で久しぶりに秋葉原と浅草へ

今日は大雨の中、所用のため、あちこち出掛けておりました。

まあ、色んなことがあるもので、某駅のプラットフォームで、小汚い定期入れのようなケースが落ちていて、中を見たら、某有名女子大学の学生証が出てきたので吃驚。所用で急いでましたが、駅員さんに届けました。

「お名前は?」と聞かれたら、「あっしは名乗るほどのもんではごぜえません」と言おうとしたら、駅員さんは慣れたもんで、「有難う御座いました」と言うだけでした。まあ、大切なもんですから、早くご本人の許に届けばいいと思ってます。

もう一つは、来月は数年ぶりに、お仕事で通訳観光ガイドをやることになり、下見に行ってきました。東京は、どこもかしこも1年も経てば、すっかり様代わりしてしまうので最新情報を仕入れなければならないからです。(小生が「庭」にしている銀座も「GINZA SIX」ができたりして、人の流れがすっかり変わりましたからね)

秋葉原に行って、ツーリストインフォメーションに行ったら、営業開始は何と11時。しばらく、暇をつぶしていたら、見知らぬ若い青年が近寄ってきて、「今日は会社から100人と名刺交換するように言われてきましたので、名刺を戴けませんか?」と、この私に言うではありませんか。俺を誰だと思っているんでしょうか?(爆笑)

彼も、街中で、見知らぬおじさんに声を掛けるのも、随分勇気がいったことでしょうが、随分、変な会社に勤めているなあ、と思い、勤め先を聞いたら、どこかのIT系の企業でした。彼と別れて後から、「ブラック企業なのかなあ」と思ってしまいました。

うまいめん食い村 浅草「大黒家」天丼1550円

秋葉原の後、浅草に行きました。1年半ぶりぐらいでしょうが、やはり、少し変わってました。観光センターに行って、外国人観光客向けのお勧めの場所を伺ったら「まるごとにっぽん」という物産展などを紹介してもらいました。後で行ってみましたが、外国人向けの日本の土産屋さんといった感じでした。

浅草の仲見世は、下見しようかと思いましたが、あまりにも多くの外国人観光客で溢れかえって、平日だというのに立錐の余地もないので、諦めて、裏道を通りました。

もちろん、観音様にお参りしましたが、外国人はほとんどお賽銭を入れない感じでした。「観光客はお金を落としてくれるから大歓迎」という安倍政権の政策も、奏功していないということでしょうか。

◇◇◇◇◇

昨晩のワールドカップ・サッカーのロシア大会の日本対コロンビア戦は、何処のブログも書くことでしょうから、控えめにしますが、2-1の勝利おめでとうございます。私も2-1で日本が勝つと予想してました。信じてもらえないでしょうが(笑)。

マスコミも手の平を返したように、西野朗監督を褒めるようになりましたから、現金なもんですね(笑)。

◇◇◇

も一つ、加計学園の加計理事長がやっと顔出し会見。地震とサッカーで日本中の関心の目がそちらに注がれている間隙の中、「記事や報道の扱いが小さくなるだろう」という魂胆がみえみえ。

記者会見は2時間前に通告して、呼んだのは地元の記者だけ。それもわずか30分程度の「立ち話」会見。内容は、責任を部下に転嫁するような趣旨の発言です。加計理事長の「記憶も記録もない」という発言は流行語になり、後世に語り継がれることでしょう。

それにしても、ネットの噂通り、加計理事長は、他人のそら似か、「昭和の妖怪」と言われた岸信介にそっくりですねえ。となると、安倍首相とは「刎頸の友」どころか…?

加計理事長は何処?🎵

名古屋の篠田先生です。
…6月3日付毎日新聞朝刊のコラム「時代の風」で、作家の中島京子女史が「泥船に乗っている我々」というタイトルで、加計学園、森友問題に触れています。
 この中で、中島女史は、報道機関は、日大の運動部やタレント、芸能人のゴタゴタ問題は、必死に、懸命に追いかけるというのに、加計学園の加計孝太郎理事長を追いかけているところはない、という指摘をしています。思わず苦笑してしまいました。「忖度しているのか」とも書いてありましたが、全くその通りです(大笑)。…
確かに、この一年、これだけ話題になっている渦中の人なのに、どこの新聞もテレビも追っかけたこともありせんね。
 …安倍首相の友人で、ゴルフ、別荘仲間で、この問題の一番要(かなめ)の”ご本尊”なのに、何処のマスコミも、直撃インタビューする様子も気配もなく、中島女史ではありませんが、これでは手心を加えているか、忖度していると言ってもよいでしょう。…
確かに、その通りですね。
 …「国会」でも野党が、加計理事長の証人喚問を要求しているのに、マスコミは、彼の自宅や大学など、加計理事長を追い回し、張り込んでいる様子はありませんね。
 「プライバシーの侵害!」で訴えられるのを恐れているのでしょうかね。安倍首相と実は、裏でツーカーの「北朝鮮」にでも逃亡しているんですかね(大笑)。…
 まさか!そんなことはないでしょう。
 …「定年」過ぎた共同通信社のしがない広報老人をあれだけ糾弾しておいて、”安倍人脈”の方は追及しない、追いかけない、では片手落ちです。そんなことばかりやっているから、テレビは、巨悪よりゴミネタばかりを追いかけ回すことになるのです。…
 最近では、広報老人より、赤坂クラブ出身の彼のやり手奥さんの方が有名になっているのでは?(笑)
 …何処かの新聞社が「加計王国の虚飾を剥ぐ」の長期連載でもやればよいのです。面白いので、読者は激増するでしょう。今は”平成版 マムシの周六”はいないのでしょうかねえ?…
 マムシの周六とは、明治〜昭和初期の醜聞紙「萬朝報」の創刊者黒岩涙香のことですね。当時最大の権力者だった伊藤博文や山縣有朋らの妾を暴いたという。今や新聞社には、そんな骨太のジャーナリストは皆無に近いし、そもそも新聞社には若い優秀な人材も集まらなくなっているらしいですよ。
 …所詮、既存体制(エスタブリシュメント)の宣撫情報機関で、”リベラルエリート”の欧米大手マスコミと、それを追認するだけの日本のマスコミですから、こういう今の体たらくな状況になったのは、「当たり前」と言えばそれまでですがね。…
穿った意見ですね。
 …それにしても、真面目な話、加計孝太郎さんは何処に逃げているんですかね?一説には、安倍首相が「何処かにとんずらしてくれと!」教唆したという噂も出ています。朝日新聞の「伊藤律インタビュー」と同じように「架空インタビュー記事」でも出てくれば面白いのですがね。あの紀州のドンファンみたいにならないことを祈ってますが。…
彼の「御近影」として、帽子を被った加計学園の入学式の写真があるので、理事長室に毎日出勤しているんじゃないですかね。…それなら、なぜマスコミが突撃取材しないのか本当に不思議、不思議。いや、謎めいていますね。

NHKは時の政権に阿り過ぎてるのでは?

事務所問題でゴタゴタしている巨匠北野武監督は、しのぎを削るために、盛んにテレビに出ております。

先日は、ジャーナリストの巨匠と対談している番組の中で、来年の新元号について、北野監督は「加計がいいんじゃないか。来年は加計元年!」と宣言してました。

勿論、冗談なんでしょうけど、世間がすつかり加計問題を忘れていた昨日、朝日新聞と東京新聞(10日付首都圏最終版)が、「本件は、首相案件」などという愛知県職員のメモをスッパ抜きました。

これを受けて、昨日の夕方、愛媛県の中村知事が緊急記者会見して、その文書が県職員が書いたものだと認めました。「自治体がやらされモードではなく、死ぬほど実現したいという意識を持つことが最低条件」などと書かれていたことも暴露しました。

凄い話ですね。

これは、文書では柳瀬唯夫首相秘書官(当時)の発言とされてましたが、当然、想定されたように、柳瀬氏は即座に、発言どころか、愛知県職員らとの面会そのものまで改めて否定しました。

超エリート官僚の柳瀬氏は現在、経済産業省のトップの事務次官を「あと一歩」と目前に迫った経産省審議官なんだそうで、そりゃあ、石に噛り付いてでも、否定するわな。

もう一人、加計学園の舞台になった愛媛県今治市長も、困惑顔だとか。獣医学部は、もうこの4月に開校しちゃいましたからね。今さら、森友学園のようにぶっ壊すわけにはいかないでしょう。

これらは国民の血税が絡んだ話なので、野党や市民運動家らだけでなく、与党までも「如何なものか」と騒いでるのに、天下のNHKはほとんど、申し訳程度にしか取り上げないんですよね。

加計問題のニュースをすっ飛ばしてでも、同じ今治市の刑務所を脱獄した受刑者の逃亡譚を微に入り細に入り、長々と、延々とテレビでもラジオでも放送しているのです。

受刑者が逃亡している島には800戸の空き家があるという話は、加計学園問題より重要なんでしょうかね?

NHKは、国民から受信料を徴収して「皆さまのNHK」を謳い文句にしながら、実体は、国から免許を借りる電波事業者なので、時の政権に取り入った報道をする使命があるのでしょう。

それにしても、かなり露骨です。

加計ありきの獣医学部新設

ハバロフスク Copyright par Duc de MatsuokaSousumu

産経新聞を読んでいますと、いつも「朝日新聞がどうした」「朝日新聞がこうした」という文言ばかり登場して、まるで朝日新聞がなければ産経の存在価値がないみたいです。

下衆な言い方をすれば、朝日新聞をネタにして飯を喰っている感じです。

動物の名前のような有名なスター記者も恥ずかしくないんでしょか?「モノを言う」新聞なら、他紙の見解などあまり引用せず、我が道を歩んだらどうでしょうか。

産経の読者なら、朝日なんか読みたくないでしょ。
ハバロフスク Copyright par Duc de MatsuokaSousumu

いわゆる右翼系と呼ばれる雑誌も同じです。「朝日新聞に鉄槌を下す」といった論調に終始してます。

これじゃ、まるで世の中は朝日新聞を中心に回っているみたいじゃないですか。朝日は、世間の人が思っているほど反体制派新聞でも何でもないですし、内閣府や財務省官僚のイタコになって庶民を欺く論説委員さんも沢山いるのですからね。

週刊文春もかつては同じような調子でした。朝日を飯のタネにしてました。しかし、ここ数年は様変わりして、何処の新聞社もできないようなスクープを連発しています。

もう朝日新聞はライバルでも何でもないつまらない弱小媒体に成り下がっていますから、気にすることはなくなったのでしょう。

ハバロフスク Copyright par Duc de MatsuokaSousumu

本日発売の週刊文春のスクープ記事「加計学園 安倍氏選挙応援で公選法違反の疑い」は、もしこれが事実だとしたら、とんでもない話です。

【以下引用】
週刊文春が入手した、2009年7月28日付の組合の「要求書」には次のように記述されている。

〈岡山理科大学、倉敷芸術科学大学および千葉科学大学に所属する事務職員が2009年8月末投票予定の衆院議員選挙において、実質強制的に特定政党の選挙運動に動員されていると聞き及んでいる。職場の上下関係において上位にある者が行えば、強要の意図がなくとも下位の者は非常に断りにくい状況に追い込まれることは火を見るより明らかであり、これは思想信条の自由に対する重大な侵害である〉

これではまるで便宜供与ですね。

安倍首相は国会で「李下に冠を正さず」と身の潔白を主張しておりましたが、これでは選挙応援の見返りに獣医学部新設を「岩盤を崩して」認めたようなもんです。

今日3日は、安倍首相は内閣改造を断行して目先を変えて逃げようとしているようにも見えます。

とはいえ、もう「終わった人」の動向には誰も興味を持たないかもしれませんね。

【拡散禁止!】日本会議、加計学園問題は矮小な話

中国・大連食べ物横丁 Copyright par Duc MatsuokaSousumu kaqua

京洛先生 相変わらずつまらないブログを書いてますな。何が「日本会議」ですか。あんなもん、活字芸者が騒いでいるだけで大した勢力でも何でもないですよ。騒ぎ過ぎですよ。

渓流斎 はあ、あれでも、朝の5時に起きて一生懸命に書いたんですけど…。あたしゃ活字芸者じゃないので、原稿料なしで…。

京洛先生 だから、ああたは駄目なんですよ。本質を見抜いていない。物事は、今流行りの本当か嘘かではないのです。本質か、本質ではないか、なんです。
日本会議なぞはその典型で、単なる1万人かそこらの極右集団ということだけで、何の本質もありません。早晩、内部分裂して雲散霧消するはずです。そういうことを、ああたは書かなきゃならないのです。

渓流斎 はあ…

京洛先生 森友学園も、加計学園の問題もそうですよ。小さい、小さい。実に小さい。人間の業の中のほんの僅かなちっぽけな通過点に過ぎませんよ。首相の安倍そのものが器が小さ過ぎます。
それより、よくぞ大手マスコミはあそこまで、「国有地を破格の安値で払い下げた」なぞと非難できますね。

マスコミも同罪じゃないですか。

朝日新聞の築地本社は、もともと海上保安庁の国有地ですよ。格安どころか、目の玉が飛び出るほどの安値で払い下げを受けたのですから。

毎日新聞の一ツ橋のパレスサイドビルだって国有地。政府に楯突くのが可笑しい(笑)。

その点、安倍の広報機関紙とお墨付きを得た読売新聞は偉い。大手町の国有地を払い下げてもらった御恩を一生忘れていない。91歳にもなるナベツネが今でも陰に陽に最高権力者として君臨することができるのも、この国有地払い下げで暗躍したからですよ。まさに、論功行賞。生涯年金、生涯保障ですよ。

大手町族の産経新聞も、日本経済新聞も同じ穴の貉。みんな、国有地払い下げです。天下の公共放送NHKだって、豊洲に移して空いた築地市場に社屋を移転する話が、石原都知事との間で決着がつくところだったんですからね。

どこも、森友学園や加計学園の払い下げを批判できないのです。天に唾を吐くようなもんです。

こういうのが本質です。分かるでしょ?こういうこと書かなきゃならんのです。

渓流斎 はあ…

中国・大連食べ物横丁 Copyright par Duc MatsuokaSousumu kaqua

京洛先生 はあ、じゃないんですよ。ああたは、まったく本質が分かっておらん。

マスコミは「忖度」「忖度」と騒いでおりますが、昔から、物事は最高権力者の裁量で決まるのです。

だから、安倍首相も、はっきりと、俺の友人の加計君にくれてやった。何か文句あるか、と言えばいいだけの話なんです。そして、朝日さん、あんたんとこにも安く分けてやりましたよね、と言えばいいんです。

無知な大衆は歴史を学ぼうとしないのです。

元を言えば、東京の一等地なんて、大手町にしろ、殆どが大名の上屋敷じゃないんですか。薩長の盗賊が暴力で革命を起こして分捕って、好き放題に分けただけですよ。

だから、世の中、うまく立ち回ったもん、才覚のあるもんが勝ちなんです。これが本質。

政商と言われようが、利権屋と言われようが、おべっかや追従ができない奴がヤッカミで言ってるだけなんですよ。

中国・大連食べ物横丁 Copyright par Duc MatsuokaSousumu kaqua

渓流斎 はあ、しかしながら、先生は庶民の味方じゃなかったのですか?

京洛先生 そういうことを言うから、ああたは駄目なんですよ。物事の本質が分かっておらん!

体制派も反体制もないんです。マスコミがいい例でしょう?反体制のポーズを取っているだけで、裏でしっかり政府と手を握っているのです。

右翼も左翼も極右も極左もないのです。

そんなもん、幼稚園の席順にも劣る話で、何ら本質を突いていない。

右翼思想を持つ左翼も、左翼的思考を持つ右翼もたくさんいるのです。極右と極左は、実は大変仲がいいのは、共通のエートスを持っているからです。似た者同士なんですよ。これが、本質。無知な庶民はそこが分かっていない。

渓流斎 はあ、そんなもんすか。

京洛先生 そんなもんですよ。

昨日も奈良の春日大社に行ってきて、帰りの電車の中で日刊ゲンダイを買って読みましたが、安倍の支持が落ちると北朝鮮がミサイルを打ち上げて、脅威を撒き散らす。人気挽回のために、裏で手を引いて連絡し合ってるんじゃないか、などと推論を展開してますが、案外、そういう話が本質になるのです(笑)。

渓流斎 えっ?それでは、本質なら嘘でも構わないのですか?

京洛先生 またまた、ああたは、そういう屁理屈を捏ねるから駄目なんですよ。

小池都知事なんか見てご覧なさい。細川にくっつき、小沢にくっつき、自民にくっつき、節操のない渡り烏。元キャスターかライターか知らないけど、庶民はあんなんでコロッと騙される。

都民ファーストなんて、大半が政治経験のない烏合の衆の集まりです。親分の金を持ち逃げした元政治秘書もいるそうじゃないですか。そのうち、週刊誌が続々とスキャンダルを書き出すことでしょう。

ま、ああたも頑張ってくらさい。

渓流斎 はあ

驕れるものは久しからず

茅の輪くぐり=大宮・氷川神社

先日は、大切なスマホを忘れ、昨日は眼鏡を忘れ、今日は腕時計を忘れ…。

私も世間に誇れる年齢になってきました。このまま行けば、綾小路きみまろのように、何を忘れたか、忘れることでしょう(笑)。
合併記念公園

日曜日の都議選は、あそこまではっきりと結果が出るとは想像もつきませんでした。呆気ないですね。権力は根元から腐敗する見本を見せてもらいました。

祇園精舎の鐘の声も聴こえてきました。

奢れる平家も久しからず、です。

たまたま「受け皿」があったので、浮動票の多い都会の皆さんは、自民党を避けた結果、自民党の歴史的惨敗に繋がったのでしょう。

自衛隊を私物化して応援を頼んだ稲田さんも、加計学園からの献金疑惑を否定した下村さんも、お金を払って新聞を買って悪口を書かれた二階さんも踏んだり蹴ったりです。

しかし、今回の千両役者は、何と言っても、森友学園の籠池さんでした。あれ程、安倍さん、並びに貴婦人に対して尊崇の念を抱き、園児らに万歳三唱までさせていたのに、国策捜査を仕掛けられてからは、すっかり「反・安倍」の急先鋒の闘志に転向されておりました。

安倍さんが都議選候補の応援のため、東京・秋葉原で演説している会場にわざわざ大阪から駆けつけ、貴婦人から頂いたと思しき100万円の札束を振り回して、「安倍辞めろ!」コールを周囲の若者たちと一緒に合唱して、警察らしき公安関係者に捕まっておりました。

籠池のおばはんも「安倍に携帯電話も何もかも盗られてしもうた…ほれ、ほれ」と吉本新喜劇も驚く名演技で、YouTubeカメラマンに向かって訴えておりました。

そう、こういう吉本新喜劇より面白い番組は、天下の公共放送NHKでは、官憲の手が入っているのか、放送してくれないんですよね。

「右向け右」の会長がいなくなったと思ったら、新会長は、目立たぬように生かさぬように、遥かに政権べったりで右傾化しております。

あっ?

でも、こうして「隠れた真実」を市井の民が「報道」してくれるので、健全な民主主義が保たれるのかもしれません。

それにしても、籠池さんは、千両役者。絵になる人だなあ~。

本丸の加計学園問題は国民の血税が関わっている

大手門

「総理のご意向」「官邸の最高レベルが言っている」ー。ワオ!まるで、江戸時代か、一党独裁の中国か北朝鮮か、はたまたロシアになったような我国です。

首相が拡張販売員となっていると噂されている讀賣新聞を熟読しても、さっぱり分からなかったのですが、スクープした朝日新聞や、後追いした毎日新聞や東京新聞等を読むと、日本も殿様を頂点にした独裁縦社会に回帰したかのように見えます。

獣医大学の創設をタダで面倒みてもらっている加計学園の話ですが、大学の敷地は愛媛県今治市の市有地で36億7500万円。建設費が96億円。これら全てが助成金と称して、私学だというのに無料で払い下げられ、建物までつくってもらえるのですから、笑いが止まらないことでしょう。

わずか(?)8億円程度で土地を値引きしてもらった森友学園の籠池さんがこの話を聞いて、「ウチとこんなにもレベルが違うのに、何でウチだけ叩かれなきゃあきまへんね」と愚痴ったとしたら、大阪なら有権者の同情票が集まるのではないでしょうか?

どうやら、加計学園の理事長さんは、官邸の最高レベルさんの「刎頸の友」だというのですから、「良きにはかれ」と命令したのかもしれません。

この話は、もう三カ月も前から日刊ゲンダイや週刊誌で報道されていたのに、有耶無耶になっておりました。かつては加計理事長の名前は「首相の一日」に何度も登場して、酒を呑んだり、ゴルフをしたりするお仲間だということは世間に知れ渡っていました。

週刊誌等で報道され、殿様もさすがにヤバイと思ったのか分かりませんが、加計理事長さんのお名前は、その後一度も登場しなくなったのです。逆に怪しい。

官邸は「火消し」に必死で、「どこの文書とも分からぬもの。怪文書にとやかくコメントする筋合いはない」と開き直っておりますが、文書は文部科学省が作成したホンマもん。

文科省の誰かが、「文春砲」より影響力の強い朝日新聞に垂れ込んだのでしょうが、文科省もあれだけ「天下り問題」で朝日新聞から叩かれたというのに、見上げたもんですよ。

しかし何と言っても、助成金とは、国民の税金なんですからね。不正に対して国民が黙っている筋合いはないのです。

いくら無産階級でも、殿様から「貧乏人は麦を喰え」などと言われればさすがに怒りますよ。

マリー・アントワネットが「パンがなければ、お菓子を食べればいいじゃん」と言ったおかげでフランス革命が起きたという逸話を信じたくなりますよ(笑)。