加計理事長は何処?🎵

名古屋の篠田先生です。
…6月3日付毎日新聞朝刊のコラム「時代の風」で、作家の中島京子女史が「泥船に乗っている我々」というタイトルで、加計学園、森友問題に触れています。
 この中で、中島女史は、報道機関は、日大の運動部やタレント、芸能人のゴタゴタ問題は、必死に、懸命に追いかけるというのに、加計学園の加計孝太郎理事長を追いかけているところはない、という指摘をしています。思わず苦笑してしまいました。「忖度しているのか」とも書いてありましたが、全くその通りです(大笑)。…
確かに、この一年、これだけ話題になっている渦中の人なのに、どこの新聞もテレビも追っかけたこともありせんね。
 …安倍首相の友人で、ゴルフ、別荘仲間で、この問題の一番要(かなめ)の”ご本尊”なのに、何処のマスコミも、直撃インタビューする様子も気配もなく、中島女史ではありませんが、これでは手心を加えているか、忖度していると言ってもよいでしょう。…
確かに、その通りですね。
 …「国会」でも野党が、加計理事長の証人喚問を要求しているのに、マスコミは、彼の自宅や大学など、加計理事長を追い回し、張り込んでいる様子はありませんね。
 「プライバシーの侵害!」で訴えられるのを恐れているのでしょうかね。安倍首相と実は、裏でツーカーの「北朝鮮」にでも逃亡しているんですかね(大笑)。…
 まさか!そんなことはないでしょう。
 …「定年」過ぎた共同通信社のしがない広報老人をあれだけ糾弾しておいて、”安倍人脈”の方は追及しない、追いかけない、では片手落ちです。そんなことばかりやっているから、テレビは、巨悪よりゴミネタばかりを追いかけ回すことになるのです。…
 最近では、広報老人より、赤坂クラブ出身の彼のやり手奥さんの方が有名になっているのでは?(笑)
 …何処かの新聞社が「加計王国の虚飾を剥ぐ」の長期連載でもやればよいのです。面白いので、読者は激増するでしょう。今は”平成版 マムシの周六”はいないのでしょうかねえ?…
 マムシの周六とは、明治〜昭和初期の醜聞紙「萬朝報」の創刊者黒岩涙香のことですね。当時最大の権力者だった伊藤博文や山縣有朋らの妾を暴いたという。今や新聞社には、そんな骨太のジャーナリストは皆無に近いし、そもそも新聞社には若い優秀な人材も集まらなくなっているらしいですよ。
 …所詮、既存体制(エスタブリシュメント)の宣撫情報機関で、”リベラルエリート”の欧米大手マスコミと、それを追認するだけの日本のマスコミですから、こういう今の体たらくな状況になったのは、「当たり前」と言えばそれまでですがね。…
穿った意見ですね。
 …それにしても、真面目な話、加計孝太郎さんは何処に逃げているんですかね?一説には、安倍首相が「何処かにとんずらしてくれと!」教唆したという噂も出ています。朝日新聞の「伊藤律インタビュー」と同じように「架空インタビュー記事」でも出てくれば面白いのですがね。あの紀州のドンファンみたいにならないことを祈ってますが。…
彼の「御近影」として、帽子を被った加計学園の入学式の写真があるので、理事長室に毎日出勤しているんじゃないですかね。…それなら、なぜマスコミが突撃取材しないのか本当に不思議、不思議。いや、謎めいていますね。

総理大臣日乗の答えと政治闘争に揺れたフランス19世紀

寿能城跡

昨日の答えです。

(い)首相の一日=東京新聞
(ろ)安倍日誌=産経新聞
(は)首相官邸=日経新聞
(に)首相動静=朝日新聞
(ほ)安倍首相の一日=読売新聞
(へ)首相日々=毎日新聞

如何ですか?

総理大臣日乗に、わざわざ安倍の名前を冠する新聞社は、安倍首相に忠誠を誓って、時の権力者の太鼓持ちか、御用新聞に徹していることがよく分かります。

寿能城守潮田出羽守

先日、フランス文学者の鹿島茂教授の講演を聴いたおかげで、数十年ぶりにフランス史の復習を始めています。

何しろ、フランスは、自分たちの王様(ルイ16世)の首をはねてしまった超過激の国である一方、ジャン・ジャック・ルソーに代表されるように「自由、平等、博愛」の人権主義の国でもあります。

特に19世紀が見離せません。

18世紀末(1789年)にフランス革命を成功させると、19世紀は、第一共和政、第一帝政(ナポレオン1世)、王政復古(ウィーン会議)、七月革命(1930年)、二月革命・第二共和政(1848年)、第二帝政(ナポレオン三世)、パリ・コミューン、第三共和政(1870年)と実にめまぐるしく変わります。

この間、王党派と共和派と皇帝派が入り乱れ、極右と極左が権力闘争に明け暮れて、政治体制が振り子のように右から左へ揺れ動きます。

ちなみに、仏革命後の国民公会で、議長から見て右側に王党派、左側に共和派が席を占めたことから、右翼、左翼の概念が歴史上初めて生まれたという説があります。

その後、今の「テロ」の語源にもなったテロリスムが横行し、クーデタ未遂(ブーランジェ将軍事件など)も再三再四ありました。

面白いことに19世紀の唯一のマスメディアだった新聞が政治運動の先頭に立ち、時の権力者を批判し、一方の権力者は、ジャーナリストを監獄に入れたり、反政府新聞の発行禁止処分をしたり、御用新聞に耳触りのいい情報をリークしたりして対抗します。

第二帝政の下、ヴィクトル・ノワール事件で過激な反ナポレオン・キャンペーンを張ったアンリ・ロシュフォール、七月革命から19世紀のほとんどの革命に参加し、75年の生涯のうち33年間も監獄で過ごしたオーギュスト・ブランキらが当時を代表するジャーナリストと言えます。

いやあ、何百年経っても、人間のやることですから、何処の国でも変わらないことが起き、未来永劫続いていくわけですね。

驚きの総理大臣日乗

何処でせうか?

モリ、カケ問題を国会閉幕でうまく乗り切ったかのように見える安倍晋三首相ですが、納税者である国民の不信感は募るばかりです。

どうも、彼の場合、国民のための政治ではなく、古いイデオロギー、もしくは「腹心の友」のための政治を行っているように見えます。

「一強多弱」の独裁政治とも言われることから、彼がフランス第二帝政のナポレオン三世になぞらえるかどうかは、後年、歴史で証明されることでしょう。

教えましぇん

さて、日本の最高権力者である総理大臣が、毎日、誰と会って、何をして、何処で夜の会食をしたのか具に時系列で新聞の片隅で報道されておりす。

実は、私は、この欄を読むのが一番楽しみです(笑)。これまで、何と言っても、読み甲斐があったのは、麻生太郎首相でしたね。麻生財閥の御曹司ですからお金の使い方が半端でなく、夜行くお店も誰も行けない会員制クラブばかり。あれは勉強になりました。

ところで、この総理大臣の日録は、実際は、共同と時事の両通信社のいわゆる若い「首相番」と言われる記者が、全国のマスコミを代表してフルカバーしています。

だから、どの新聞を読んでも同じ文面が載っているわけです。ただし、タイトルが違います。そこで問題!以下のタイトルは、何新聞でしょうか?その新聞とは、朝日、毎日、読売、日経、産経、東京の都内で発行されている6紙です。

(い)首相の一日
(ろ)安倍日誌
(は)首相官邸
(に)首相動静
(ほ)安倍首相の一日
(へ)首相日々

萩生田光一内閣官房副長官とは

藤井四段 26連勝

文部科学省の再調査で、 安倍晋三首相のお友達「加計学園」の獣医学部新設をめぐり、内閣府から「総理のご意向」「官邸の最高レベルが言っている」などという極秘忖度文書が、あの菅官房長官が放言した怪文書ではなくて、本物だということが昨日やっと確認されました。

一体最初のやる気のない調査は何だったんでしょうかねえ? 「国民の声」を真摯に受け止めた松野博一文科相が渋々再調査を命令しましたが、その結果については、紙に書いてある謝罪文めいたものを軽く棒読みしただげで、心からの反省の言葉はなし。

やはり、国民を舐めきってます。

獣医学部新設選定では、実質的に加計学園しか応募できなくなる要件を指示した安倍ご総理の側近中の側近である萩生田(はぎうだ)光一内閣官房副長官のメールも公表されましたが、当の萩生田副長官は「知らぬ、存ぜぬ」と、敵前逃亡の構え。

こんなこすからい人間を国会議員に選んだ有権者はどこのドイツだ、イタリアか、と思ったら、今は簡単に調べられますね。

◇◇◇◇◇

1963年、東京奥多摩地区八王子市生まれの53歳。明大商学部卒。八王子市議などを経て、2003年衆院議員当選(4回)。極右団体「日本会議」国会議員懇談会事務局長。
安倍総理のお友達「加計学園」千葉科学大学客員教授。身長180センチ、体重100キロ。

このほか、離婚しているとかしていないとか、息子が早稲田実業高校野球部の助監督とか、そうではないとか、色んな未確認情報もありますが、これで十分でしょう。

本当は、顔写真でも載せようかと思いましたが、著作権侵害の共謀罪で逮捕されるのも馬鹿らしいのでやめておきました。