ひどすぎる阿漕な商売

公開日時: 2006年9月7日 @ 09:41

あまりにもひどい商売なので、私は告発します。

J’accuse.

ドレフィス事件を糾弾したエミール・ゾラの心境です。

「天皇陛下10万円金貨」を売却しようと思いました。

新聞の広告で、販売価格

(A)在位60年10万円金貨 148、000円

(B)御即位10万円金貨   158、000円

とありました。

これなら、11万円か、12万円くらいで売れるのではないか、と踏んでいました。

ところが、

「買取価格は額面です」

というのではありませんか。

何と、48,000円から58,000円のボロ儲けではありませんか。

小さい頃から収集していた切手の値段を聞くと、見もしないで、「シートでしたら、額面の6割、バラですと半額で引き取ります」とおっしゃるではありませんか。

10月に旅行するので、その足しにしようと企んでいたので、大誤算でした。

それにしても、随分阿漕な商売をするものです。要するにタダで仕入れてきて、濡れ手に粟のような儲け方をしているわけですから。

調布市にあるユニバーサル・ゴールデンライフという店ですが、日本全国のコイン、切手、絵画商も概ね似たり寄ったりで、こんなもんなんでしょう。

持って行きようもない怒りに駆られてしまいました。

こんなことを書くと、決まって「それにしても、相手は商売だから、100%売れるとは限らないものを引き取っているわけだから、リスクを背負っている」と、インテリの方が批判することでしょうね。

しかし、この場合、相手は、全くリスクを取っていないんですよ。10万円金貨も売れなければ、そのまま換金すれば元を取れるわけですし、半額で仕入れた切手だって、額面で使用できる機会はいくらでもあります。

まさしく、阿漕な商売です。

「需要と供給の経済原理が働くからいいのではないか」という論理も納得できません。

もちろん、解決策も名案もありません。だから、ぶつけようもない怒りに駆られているのです。

このブログにリンクを張ってもらうか、トラックバックを送ってほしいものです。

19 Replies to “ひどすぎる阿漕な商売”

  1. Unknown
    「千円カラー銀貨は、販売数が100,000枚と少ないため、販売当初の平成20年の物(北海道・京都・島根)で、現在価格は15,000円~13,000円で充分投資対象になりますよ」と言われて買い始めたのですが、この話って本当でしょうか?

  2. Unknown
    今日の読売に「財務省放出金貨」販売広告が載ってました。新5円金貨(昭和5年)未使用480万円(提供数2セット)に興味を持ち、この会社を知ろうと思い「第21回東京国際コイン・コンベンション参加社」のリストを見ましたが載っていませんでした。
    そうだったんですか!そんな会社だったんですか!
    大変参考になりました。

  3. Unknown
    本日は2010年ですが、相変わらず「資産形成に」などど新聞公告でほざいてます。
    問い合わせてみるとやはり額面通り。それならわざわざコインショップで売るバカないですよね。
    他店に問い合わせてみると「銀行で換金なさってください」ですって。まさにその通りです。

  4. Unknown
    広告には「資産形成としてお役立て下さい」ってうたっておきながら額面価格で販売じゃあフザケタ商売と言わざるを得ませんね。

  5. 検索で来ました
    記念硬貨と切手セットを購入、
    6月に発注し7月に振込を完了したにも関わらず、
    商品の入荷目途が立たないので
    別の商品に交換しないかと言ってきたのが
    11月
    しかも散々せっついての対応であり、
    先方からは一切何も動きがありませんでした。

    そんな会社だったのか、と得心いたしました。
    憎まれっ子世にはばかる、ですね

  6. ダークなイメージ
     ㈱ユニバーサル・ゴールデンライフは日経CNBCのCMを出すほどの会社らしい。また、以前は新聞にもよく広告を出していた。
     しかし、「帝国データバンクや東京商工リサーチをはじめとする信頼できる情報源から、高品質な企業情報を提供する@nifty企業データベース」より検索は不可能。 秘密の多い会社なのだ。
     「郵便学者・内藤陽介のブログ(沖縄返還と切手投機)」に面白いことが書かれている。
     ちなみに㈱ユニバーサル・ゴールデンライフの代表は伊藤淳也らしい。
     現在は調布に会社は無く、移転してるようだ。

  7. 額面ならまだいい方
    記念硬貨。もう収集している人がいないんですよ。
    額面は当たり前。コインショップによっては、95%なら引き取ります、と言うところもありますよ。
    一応、銀行の窓口に聞きましたら、両替はしてくれるようですよ。
    あと、コインセット。毎年発行されているのですが、「お売りになるのなら、中の貨幣を取り出して使ったほうがいい」と言われました。

  8. 天皇陛下十万円金貨について
     コイン収集家からみて、残念ながら十万円金貨は発行枚数からみて、どこのコイン商でも額面買取でしょう、まあ良くて千円付けてくれれば御の字です。にせ十万円金貨がでて以来、銀行でも引き取らないので、私は日本銀行まで交換に行ってきました。
     なお今やオリンピック千円銀貨も未使用でも2500~3000円で売られているので、汚れのある物は買取価格は1500円程度でしょう。
     この金貨の販売価格は業者の儲けを上乗せするので11.5~12.0万円程度でしょう、しかしこの業者の場合、広告が半端でないので、この位にしないと採算が合わないのでしょう、公式なコインカタログでも14~15万円と乗っていますので、詐欺というほどではないと思いますが、投資のつもりでは買わないでほしい。
     追伸、元文、天保、文政、の小判はありふれた物なので、状態にもよりますが、16~20万円程度のものが普通のコイン商に売っています。オークションでは13~14万円程度でも手に入る事もあるとか、収集家の私としては、ぜひ、趣味として1枚持つのも良いかと思います、ただ素人の人にはしっかりとした店か、鑑定書付の物をお勧めします。

  9. ラッキーでした
    読売の朝刊に日本の文化財を家宝にって、万延大判と天保小判等が限定数販売(申し込み多数の場合は抽選)と出ていましたが、皆さんの記事から拝見すると
    止めといた方が無難ですねブログの評価はありがたいですね

  10. Unknown
    新聞はスポーツ結果と死亡記事しか信用できない。こんな会社に売るなら、郵便局へ持って行くことにします。

  11. Unknown
    日経新聞(9月29日)を見て興味を持ったがひどい会社だ。無視することにします。ありがとうございました。

  12. 情報に感謝
    今日の朝日新聞の朝刊に㈱ユニバーサル・ゴールデンライフの宣伝(明日/明後日に評価買受承り会)があり、調布と家から近いこともあって古切手を持って出向こうと思っていました。
    行く前に会社のことを調べようと思い、こちらのBLOGを訪問しました。
    コインが額面、切手は半額はひどいですね。
    これで行って悔しい想いをしなくてすみました。
    有難うございました。

  13. 貴方はイイ方です!
    コインは額面で切手は半額?マダイイホウです!

    この会社では先に品物を送ればカネは後で送る、が

    普通としていますから(驚きです)

    朝日新聞も広告料さえハイレばでは少し無責任で

    広告主を把握する努力をしたらどうでしょうねー

  14. 騙されずによかった
    天下の「朝日新聞」で、夢のような広告を見ました。ところが・・・。インターネットで調べてみて良かった~。最近TBSTVでも「あるある・・・」でダマシがありました。21世紀は知能犯が暗躍する時代。資本主義社会とは、搾取、ダマシの世の中だそうです。振り込めサギ同様、気をつけよう・・・TVと新聞。

  15. Unknown

    こんにちは。
    私も朝日新聞に載っていた、(株)ユニバーサル・ゴールデンライフの広告見ました。
    額面で買取だなんてあほらしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください