遠藤幸子著「語源で楽しむ英単語」

 十勝岳(かもしれない)

 公開日時: 2007年6月30日

はっきり言って、英語は国際語として、誰でも学びやすい言語だとは思っていません。たまたま、大英帝国とアメリカ合衆国が国際政治紛争で覇権を握ったために、世界中に浸透したに過ぎない、と書けば、大いなるクレームがつくでしょうが、そう思っていることを隠し立てできません。

 

ところで、何で、英語がこんなに難しいのかー?やっと、分かった結論の1つが、英語のスペリングが、言文一致体ではないということにあると思います。何で、why と書いて、「ホワイ」と発音するのか、何で、Wednesday は「ウエドンズデイ」と発音しないのか?中学生の頃の疑問をそのまま放置していましたが、この度、読んだ遠藤幸子さんの書いた「語源で楽しむ英単語」は大いに勉強になりました。まさしく、目からウロコが落ちる感じです。

 

例えば、上の疑問。何で、why と書いて、「ホワイ」と発音するのか。もともと、 why は、古英語では、hwi とwとhを逆に書いていたのです。この法則は、whereも whatも whoも whichも一緒。  whale(鯨) もwheel(車輪)も wheat(小麦)も昔は、wとhが逆に書いていたのです。

なあんだ、そうか!って感じです。

Wednesdayは、 「Woden の日」という意味です。Wodenというのは、アングロ・サクソン神話に出てくる最高神で、北欧神話の Odin(オーディン) に当たります。Odin は、「万物の父」「戦いの父」「荒々しき猟師」などと呼ばれています。Odin は、人間の世界で戦いがあると、すぐに部下の「戦いの乙女」ワルキューレを送って戦死者を運んで来させます。

ところで、ラテン語では、水曜日は、dies Mercurii 。すなわち Mercury(マーキュリー) 、ローマ神話の「商業の神」の日です。ローマ神話の最高神ジュピターの子供です。一方、ギリシャ神話では、最高神ゼウスの子供は Hermes(ヘルメス) です。お互いに最高神の子供同士ということで、マーキュリーとヘルメスは同一視されてきました。

ヘルメスは、商売の神でありながら、また、盗賊の神とも言われます。ヘルメスは「魂を導くもの」として、死者を冥界に送ります。このように、 このようにギリシャ神話のヘルメスt と北欧神話のオーディンは、どちらも死者を移動させるという働きのおかげで、同一視されるようになったというのです。

つまり、ヘルメス=マーキュリー=オーディン というわけです。

ということで、水曜日は、Woden の日となり、 Wednesday となるのですが、d 音は15世紀頃までは発音されていたようですが、n 音に吸収されて、発音されなくなったということです。

「商業の神」ヘルメス、マーキュリーに関しては、ガルーダ研究家の山本さんが大変詳しかったことを思い出しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください