人生、死ぬまでの暇つぶし

公開日時: 2008年3月20日

最近、山本夏彦さん(1915-2002年)のコラムを無性に読みたくなることがあります。

稀代の毒舌家でへそ曲がり。戦前礼賛者で、国家主義者、新しい教科書をつくる会賛同者…色々と人は言いますが、私自身は肩書きは気にしません。

熱心な読者ではないので、彼の本をすべて読んだわけではないのですが、時折、彼の書いたフレーズやタイトルがふと頭に浮かんできたりするのです。

 

・何用あって月世界へ

・愚図の大忙し

・茶の間の正義

・私はダメな人…

「新薬の出現によって、百年このかた人は死ななくなった。ほんとは死ぬべき人が生きてこの世を歩いている」

「マジメ人間というものは、自分のことは棚にあげ、正論を吐くものである」

なんていう迷言もありました。

凡人が言葉にできないことを、スパッと言ってくれるので痛快なのです。

今日は、彼の「人生、死ぬまでの暇つぶし」というのが、フト出てきました。

まあ、クヨクヨしても始まらないーという励ましの言葉として受け取っています。

 

ネットサーフィンしていたら、彼の怖ろしい言葉が出てきました。

 

「実社会は互いに矛盾し、複雑を極めている。それは他人を見るより自分を見れば分かる。

自己の内奥をのぞいてみれば、良心的だの純潔だのと言える道理がない」

 

 

“人生、死ぬまでの暇つぶし” への1件の返信

  1. Unknown
    こういうのはどうでしょうか。「あるマジメな男が池のほとりをを歩いていると、友人がのんびり釣りをしているのに出会いました。『何を釣りなんかして遊んでいるんだ。ダメじゃないか』すると、友人は『じゃあ、君は働いてどうするのさ?』『そりゃあ、一生懸命働いてお金を貯めて裕福になるんだ』『で、裕福になったら何をするんだい?』『裕福になったら・・・? そうだな、さしずめ釣りでも楽しむかな』」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください