後期高齢者医療制度は長生きするなという制度

 

4月からスタートした後期高齢者医療制度がすったもんだの状態に陥っています。75歳以上の高齢者の保険料を年金から天引きするという有無も言わせぬ極悪非道な制度です。3年前の12月の医療制度改革で決まったらしいのですが、今回、メディアが報道してくれなかったら、気付かなかったほどです。お上は、そっとやってしまおうという魂胆があったのではないでしょうか。

そもそも、「後期高齢者」というネーミングはいかがなものでしょうか。日本人はもう75歳以上は生きるな、と国家が宣言しているようなものです。これから、大量の団塊世代が「後期高齢者」の仲間入りをするため、その先手を打って、医療費を確保したい、というのが本音のようですが、この制度が確立すれば、そうでなくても少ない年金を毟り取られ、全く他人事ではない話です。

昨日、盛んに野党代表らが、「おばあちゃんの原宿」巣鴨で、この制度の廃止を求めて立会い演説会を開きましたが、全く「明日は我が身」です。「姥捨て山」よりひどい制度だと演説するする人もいましたが、確かにそれに近いかもしれません。

ああ、日本は何でこんなに夢も希望もない国に成り下がってしまったんでしょうね。非正規雇用で格差であえぐ若者が後期高齢者になった頃、どんな世界になっているかゾッとします。

“後期高齢者医療制度は長生きするなという制度” への3件の返信

  1. インド象さま
    いえいえ、いつもいつも本当に有難うございます。
    それにしても、すごい象さんですね。
    インド象さんは、このユーチューブのサイトを見て、ご自分のハンドルネームを決めたのですか?

    今も西日本の地方都市にお住まいなのですか?

    いえ、別にお答えにならなくても大丈夫ですよ。

    何しろ、これは「世界」に配信されておりますからね(笑)
    でも、「一介の市民」の「徘徊遊民」で趣味が「芸術鑑賞」とは私と全く同じじゃないですか。

    真似していません(笑)?

  2. 渓流様そして読者の皆様へ
    役所の方々は、庶民の生活実態をご存じないのでしょ
    うか。いえいえ知ろうとしないのではなく、知ってい
    ても無視しているのでしょう。こんなことでは、学生
    時代はカリキュラムで従順さを求められ、カイシャイ
    ン・コウムインとして従順な生活を送り、トシをとっ
    てようやく抗議の声をあげようと思っても、体力がな
    いため、あげることができない…ことは計算済みです
    ね。

    私は西日本の地方都市生まれでして、一介の市民。孤
    独を愛してはいるのですが、寂しがり屋の面も多少あ
    ります(笑)。アニメ『ムーミン』の主な登場人物スナ
    フキンに、チト似ているかなあ、などと思っていま
    す。そして徘徊遊民であり、近隣の道案内士。趣味
    は、芸術鑑賞、女性鑑賞、出張先での銭湯めぐり、徒
    歩での徘徊です。性癖として「美」には病的な関心を
    持っています。

    では私の友達を紹介します…と言いたいのもやまやま
    ですが、ジツはウソです(笑)。

    コメント記入の後、こうして渓流様がカキコされた更
    新記事の趣旨とは異なる二伸のコメントや動画紹介を
    するかもしれませんが、どうしても読んでもらいた
    い、視聴していただきたいサイトばかりです。どうか
    ご勘弁のほどを。

  3. 後期高齢者医療制度 年金天引き始まる

    15日から年金天引き=75歳以上の医療保険料-高齢者から批判の声も(時事通信) – goo ニュース
    今日15日は奇数月生まれの人の年金支給日です。
    爺も今日だな!
    {/usagi/}
    さて75歳以上の新医療制度として4月から始まった「後期高齢者医療制度」ですが実施直前に…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください