「日本の10大新宗教」

2008年5月26日

島田裕巳著「日本の10大新宗教」(幻冬舎新書)を読んでいます。

 

著者は、例のオウム事件でミソを付けて大学教授の職を失い、その後、紆余曲折があったようですが、最近、元の宗教学者として再び活躍されているようです。

 

まだ、途中なのですが、さすがにオウムは扱っていないようですね。天理教、大本教、生長の家、創価学会など、多くの資料・史料に当たって、わりと、公正中立に書かれていると思います。

 

著者は「はじめに」でこう言います。

「明治に入って、宗教という概念が欧米から導入され、神道と仏教とが二つの宗教に分離されたにもかかわらず、 日本人は、片方の宗教を選択できなかったため、自分たちを無宗教と考えるようになった。」

 

「そうだったなのかあー!」と思ってしまいました。そうでなければ、今の日本で、何千万人といる新宗教の信者を説明できませんからね。

もともと、日本人は、神仏習合で、神社にも仏閣にも区別なくお参りし、路傍のお地蔵さんにまで、手を合わせて「挨拶」する慈悲深い民族でした。それが、明治維新の革命政権が、「もう、おまえたちは、国家神道だけを信じろ」と言って、「廃仏毀釈」を断行しました。その一方で、庶民らは相変わらずお葬式だけは、仏式で挙行してきたわけで、感情的にどっちつかずになってしまったのは、致し方ないことかもしれません。

ただ、「無宗教」と考えながら、やはり、ご先祖さまの血から、神社に初詣に行ったり、葬式に参加したりするということは、現代人が思っているほど、日本人は無宗教ではないのかもしれません。

新宗教といえば、いつも、功罪の「罪」の方ばかり強調されてきましたが、ある程度の「功」がなければ、信者を獲得してこなかったでしょう。

 

私自身は、もう今さら特定の宗教団体に入るつもりはないのですが、安心立命を願う人々の気持ちはよく分かります。

でも、この本を読んで、失礼ながら、随分いい加減ないかがわしい宗教があるものだと分かりました。「鰯の頭も信心から」という諺があるくらいですから、他人がどうこう言う話ではないのですが、カラクリが分かってしまえば、団体に入会して「無我の境地」に達することは難しいということです。

“「日本の10大新宗教」” への1件の返信

  1. まとめてコメント
    反対向きですみませんが、
    日本の新宗教は書店でよく見かけるので気になってました。読み終わったら貸してください(笑)
    ちなみに、「○の頭も・・・」という言い回しは、真摯な信仰心を抱く方々には大変に無神経な響きを伴うのではないかと危惧しております。(私は口が裂けても使いません。)

    三州屋、2丁目ならあそこかな?牡蠣フライで有名な。
    それにしてもひどいですね。怒って当然ですよ。お店ってお客さんが育てるものですから、気に入らないときはきちっとそれを伝えるべきだと思います。
    五山の話は全然分かりません。田中清弦三という方も初耳でした。

    岩瀬大輔さんは時の人ですね。
    今日もNHKで朝のニュースで拝見しました。
    東大法学部卒で俊英中の俊英とか。

    不健康なのはよく分かりました。
    毎晩酒ばっかり喰らってないで運動したほうが身のためですね。
    そもそもPCにひがなかじりついてるという段階で赤信号バンバンに点滅してますよ。
    50代はムリして運動しなければならない年齢層であることを自覚してください。

    僕はマラソン始めました。
    3ヶ月で10キロ痩せましたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください