湯治

公開日時: 2008年5月27日 @ 07:26

湯治のため、磯部温泉の旭館に泊まっています。
ネットで検索したら、結構近場で、一人でも泊まれるというところが気に入りました。

何やら、ここは日本で初めて温泉マークを作った由緒ある所らしいのです。それに、ここ磯部は私の好きな詩人・大手拓次の故郷です。

何?大手拓次を知らない?

かつての文学青年が記憶を手掛かりに開陳させて頂ければ、大手拓次は、萩原朔太郎、室生犀星と並ぶ北原白秋の三大高弟の一人です。確か、早稲田の文学部を出て、ライオン歯磨きの宣伝部でサラリーマン生活を送りながら詩作に励み、同僚の中には彼が詩人だったことを知らなかった人もいたとか。そんなエピソードが頭に残っています。象徴派のような結構、難解な詩を書きます。47歳くらいで独身のまま亡くなっています。あ、記憶違いかもしれませんが。

さて、ここ旭館の若女将は愛嬌があって別嬪さんです。露天風呂もあり、外国人を連れてくれば、「隠れ秘境」として、喜ばれるのではないかと思いました。

夜、マッサージをお願いすると、短時間で凝りを打ち払ってくれました。普通とは違うので、施術師の高橋さんという50歳代くらいの女性に伺うと、何やら静岡県の牧之原市に本部がある「気導術」とかいう流派らしいのです。

宗教団体ではないのですが、勧誘すると、特典が付くらしく、高橋さんは盛んに私にも入会するように奨めてくれましたが、初期投資として3日間で何と47万円も掛かるというのです。
なぁーんだ、マルチじゃないかなあ、と思いましたが、口には出しませんでした。

ただ、不思議なことに腰の痛みは引きました。

一体何なのでしょうね?どなたか、気導術についてご存知の方はコメント頂けないでしょうか?

お待ちしています。

と、書いても、なかなかコメント頂けないんですよねえ。

でも、今回は期待しております!

“湯治” への2件の返信

  1. K3さま
    色々、コメントとお叱り有難うございます。

    転びつ、まろびつ、何とかやっております。

    鰯云々はよくなかったですかねえ?

    まあ、そのまんま東スタイルで削除しないでおきます。

    ただ、本当に呆れてしまうような教祖さまもいることは事実だと思います。

    僕の年齢は、建前上、一応分からないように書いております。30歳代かもしれませんし、60歳代かもしれません。その辺りは、せめて内緒にしてくださいね。宜しくお願い申し上げ奉ります(笑)。

    あ、つい、僕もまとめて書いてしまいました。

    K3様のように、何かしら、運動しなければなりませんね。

  2. マルチ?
    3日間で50万弱か。
    結構な値段ですが、ビジネスマンを対象として3日間で20万~30万くらいの研修ならごろごろあります。
    それらは何の効果も保証しませんし付与される資格などの類もありません。
    50万で何がしかの「秘術」なるものを伝授してくれて、受講者はそれをもとに経済活動できる、もしくは何かのお墨付きが得られて経済活動に資するのならそれほど高くも無いのではないでしょうか。
    とにかく腰の痛みは引いたのですよね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください