SNS詐欺の被害額が455億円だとは!

 昨日、警察庁が発表したSNS詐欺の被害額が455億2000万円(3846件)にも上り、オレオレ詐欺など特殊詐欺の被害額(441億2000万円)を上回ったと言いますから、魂消ました。

 警察庁が命名したSNS詐欺は、「投資詐欺」と「ロマンス詐欺」を区別しているようです。要するに「金」と「女」(「男」)ですか。。。平均しても一人1000万円以上が騙し取られたといいます。

 率直な感想を書けば、炎上するかもしれませんけど、このニュースを読んだ最初の感想は「よくもそんな大金(余裕資金)を持っているものだ」と「よくもそんな簡単に騙されてしまうものだ」でした。とにかく、総額455億円という巨額の大きさに唖然としました。

 まあ、敵はプロですから、やり口は巧妙なのでしょう。人の弱みにつけこむ心理作戦計画は、知的レベルが高い学者さんや説法が鋭い宗教家以上なのでしょう。SNSですから「口八丁手八丁」ではなく、「文章」だけで騙してしまうんですからね。

 SNSといっても色んなツールがありますから、警察庁はその「内訳」も発表しています。例えば、SNS型投資詐欺被害は、昨年2271件あり、男性は1292件。SNSの内訳ベスト3は、①フェイスブック=285件②LINE=273件③インスタグラム=231件の順。女性は979件あり、ベスト3は、①インスタグラム=308件②LINE=188件③マッチングアプリ=138件の順番でした。

 実は、私がフェイスブックをやめたのも、「友だちの友だち」らしき若くてとても美しい女性から「友だちリクエスト」があり、もし応えれば、ズルズルと投資詐欺なり、ロマンス詐欺なり、誘惑にはまりそうだったからでした。私は、実にメンタルが弱いですからね(笑)。

 ということで、老婆心ながら、あまりSNSにはのめり込まない方が良いかもしれませんよ。昔の話ですが、幕末に薩長軍に最後まで抵抗した長岡藩の河井継之助は、評判を聞いた陽明学者の山田方谷に弟子入りするために、わざわざ、今の新潟県から、山田方谷が参政を務めていた備中松山藩(岡山県)にまで出掛けて行き、弟子入りを許されたのはその半月後だったといいます。山田方谷が河井継之助の人物を見定めていたからです。

 弟子入りの話はともかく、友だちになるには、クリックすれば良いなどとザッカーバーグさんが夢想するほどそんな簡単なものではない、ということを私は言いたかっただけです。彼は、他人の個人情報を利用して広告収益を図ることしか考えていないので、フェイスブックが詐欺に利用されようが、しまいが、我関知せずなのかもしれませんが。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

《溪流斎日乗》 depuis 2005 をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む