変な日本語

銀座4丁目

9月28日のこの日乗で、「身体が壊れていく…」のタイトルで、目の不調を訴えたところ、有り難いことに、SNSを通じて、東アジア広域を活動拠点にしている衣川さんから「アントシアニン、ルティン、ゼアキサンチンを摂りましょう」とのアドバイスを頂きました。

そこで、藁をもすがる思いで、それらが配合されているサプリメントを捜し求めました。

私は、東京・銀座界隈を活動拠点にしておりますから、たまたま、派手に新聞テレビやネットで宣撫活動を行っているD社の直営店があったので、早速そこに入ってみました。

猫の額ほどの狭い店舗に3人も若い女性スタッフがいて、暇を持て余しており、私が入ると、「いい鴨が来た」とばかり、網に掛かった獲物を捕らえる蜘蛛のように店員が近寄って来ました。

あたしは、最初から買うものは決まってましたから丁重に介助はお断りして、アントシアニンなどが配合されている「速攻ブルーベリー」とかいうサプリメントを買いました。

1458円。「ちょっと高いかな」と思いつつ、「直営店だからしょうがないか」と支払いを済ませたところ、レジの女性は「お飲み方は、ご存知だったりされましたか?」と言うではありませんか。

「はあ!?」ですよ。コンビニやファストフードに行ったりすると、「5000円からお預かりします」などと、馬鹿丁寧な間違った敬語もどき言葉が飛び交います。マニュアルにでも書いてあるのでしょう。やたらと変な日本語が蔓延ってます。

「ご存知だったりされましたか、だと?」ーなんじゃやらほい、と言いたくなりましたが、向こうは「朝食後にお飲みになると、一日中効果がありますよ」と澄ました顔で言うではありませんか。

その後、たったこれだけの小さな商品なのに、「お出口までお持ちします」と言うので、まさか、グッチやエルメスの高級ブランド品を買ったわけじゃあるまいし、こちらも丁重にお断りしました。

はっきし言って、過剰サービスですね(笑)。

後から、「高い値段はサービス料が入ってるせいだな。田舎のマツモトキヨシで買えば、もっと安く買えたかもしれないなあ」なぞと、自ら、器の小ささを露呈してしまいました。これは内緒ですよ(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください