まだ続く「デスパレートな妻たち」のこと

公開日時: 2008年5月7日 @ 19:30

「デスパレートな妻たち」は、女性の視点で描かれています。我々、男性から見ると、ドキッとしたり、「なるほど」と感心したりします。

この番組を見ていると、急に、北海道の佐橋さんのことを思い出してしまいました。もう、全く音信不通になってしまい、今、どうしているのか、さっぱり分かりませんが、彼女の言っていたことが、寸鉄釘を刺すが如く、今でも「警句」として、私の頭の片隅に残っています。

佐橋さんは、市井の「軍事問題研究家」で、もう著者もタイトルも忘れてしまいましたが、古本屋で、「こんな本を見つけました」と言って、見せてくれた本がありました。その本は、世界史に残る、例えば、アレキサンダー大王とペルシャ軍とのイッソスの戦いとか、ローマ軍とカルタゴ軍との戦いとか、ナポレオン戦争などにおける戦陣や戦略が詳述された本でした。非常に頭の回転が速い人で、教養の幅が広く、私が何を言っても、「それはこういうことでしょう?」と即座に答える一家言の持ち主でした。怒られるかもしれませんが、男勝りの人でした。

彼女はこんなことを言ってました…

●実は、女は男より強いから、小さい頃から「女の子らしくしないさい」って、牙をむきださないように育てられているんですよ。

ふーん、そういうことだったんですか。納得。

●女には二つのタイプがあります。一つは、子供を産んで、社会的役割を果たしたら、さっさと旦那に見切りをつけて、子供だけにかかりっきりになるタイプ。もう一つは、それでも、旦那にかかわる人。でも、後者に限って、他の男性にも優しい浮気性のタイプなんですよ。

ふーん、なるほどねえ…。

●女の人は、その場で癒やされない限り、いつまでもその恨みを覚えています。「大変だったねえ」とか「僕が悪かったよ」と、一言でもあれば、救われるのです。

そうですか…。

●男の人って、誰でもいいから、褒められたいんでしょう?だから、水商売の女の人がいるバーに行ったりするんでしょ?

言葉がありません…。

こういった感じです。

今こうして振り返ってみると、人と人との出会いは「一期一会」です。これまで、一体、何人の人と出会って、別れたのか、数えていませんが、私の場合、普通の人とは違って、恐らく何万人という桁外れの数になるかもしれません。

佐橋さんとは、もう二度と会うことはないでしょう。半永久的とかいうのは、ないんだなあ、と思いました。なぜ、彼女のことを思い出したかと言えば、当時、一人も知っている人も友人もいなく、縁も所縁もない所に放り出されて、不慣れな仕事をしなればならなかった孤独の魂を癒やしてくれたからです。

●今、あなたは大変な環境におかれているのかもしれませんが、人生は、結局、プラスマイナスゼロなんですよ。

どんなに辛くて悲しいことがあっても、一日のうちに数時間でも、一年のうち、数ヶ月でも楽しいことがあるはずなのです。

人生は、たとえどんな職業に就こうが、どんな立場にいようが、どんな逆境にいようが、結局、プラスマイナスゼロなんですよ。

人間の悩みについて

 

 

昨日、このブログを休んだのは、社内の人間関係で、あまり愉快でないことがあったからクヨクヨ悩んでいたためでした。

人間の悩みの80%は、「人間関係」なんじゃないかと私は睨んでいます。最近、家庭内で殺人事件が多いのも、その一種です。家庭は人間生活を営む最低の単位であるし、会社や組織も、人間生活を支える最低限の単位なので、どんな人間でもそれから逃れて生きていくことはできません。霞を食べて生きていける仙人なら別ですが…。

 

よく「話せば分かる」と言います。しかし、その相手は、全く、話が通じないのです。自分が正しいと確信しているので、聴く耳を持たないのです!全く根拠のない自信で満ち溢れ、こちらを見下し、非常に失礼な態度をとるのです。

 

そんなことがあったものですから、言葉が通じなければ、それ以外の手段を選んでもいいのではないか、とか、だから、世の中、諍いや戦争がなくならないんだ、とか、突拍子もないことばかり考えてしまい、悶々としてしまいました。

 

本当に嫌な奴で、殴ってやろうかと思いましたが、暴力沙汰にならなくてよかったと思っています。そういう詰まらない人間と同じレベルに堕ちなくてよかったと思っています。関わらないのが一番です。生活のために接触しなければならなければ、悠久の宇宙の時間からみれば、瞬きするほど一瞬です。我慢すればいいのです。

 

そんな時、こんな言葉に出会いました。英国の哲学者バートランド・ラッセル(1872-1970)の言葉です。

 

「人は、自分以外の人間や国家や信条を嫌悪しなければ、幸福を感じることが少ない」

 

彼がいつ発言したのか分かりませんが、1970年に亡くなっているので、それ以前であることは確実です。

 

まるで、予言だとは思いませんか?「9・11」以来、キリスト教とイスラム教の「文明の衝突」が叫ばれたり、拉致問題があったり、この私のように、ゴミ粒のような低次元のレベルで、他の人間を嫌悪することによって精神の安定を図ったり…。何か、心を見透かされたような感じで、ドキッとしてしまいました!

だから、皆さんも毎日、どんな嫌なことがあっても、じっと耐えて我慢してください。決して、言葉も含めて暴力に訴えてはいけません。たとえ相手が理不尽であってもです。負けるが勝ちです。

シンクロニシティ

 函館でした!

新年明けましておめでとうございます!

え?こんなお正月に私のブログにアクセスして頂いているんですか?

いや、いや、、俺は5日に見ているよー。あ、そうですか。そういうことでしたか…。でも、正月に態々アクセスしてご覧なってくださっている方もいらっしゃるんですよね。感謝申し上げます。

今日は、お正月らしく(?)不思議な体験を…。

ユングの言ういわゆるシンクロニシティです。

昨日、ラジオを聴きながら新聞を読んでいたら、ラジオで「上野のアメ横では、お正月の買い物客でごったがえしています…」というニュースを放送するほぼ同時に、私は新聞でそのニュースを読んでいたのです。

え?という感じでした。

なぜなら、その直前に、「明治神宮では310万人の初詣客が予想されます」という記事を読んでいるのと同時に、ラジオでも同じニュースをやっていたのです。

2回続くと驚きますよね。何か偶然じゃないような気がしませんか?

まさに、シンクロニシティという奴ですよ。

もう、すっかり足を洗いましたが、パチスロにはまっていた頃、「777」のラッキーナンバーが並ぶ直前に、その出目が出る数字が出てきて、もうすぐラッキーナンバーが揃うぞという予感めいた「空気」になります。

最近、理由も証拠もないのですが、そんな「空気」が流れてきているような感じがしているのです。

つまり、何か、自分の思ったことがそのまま実現するような…もちろん錯覚かもしれません。

思ったことが実現するといっても、そんな大それたことではないのです。散歩していて、アイスクリームを食べたいなあと思ったら、目の前に偶然、ハーゲンダッツのお店があったりするようなことです。あと、30分後に自分は携帯で某所に電話しているイメージが思い浮かびます。すると、やはり、30分後に携帯で電話していたりするのです。

これは、笑い話ですよね。これからやることは自分で決めて、自分でやることなのですから。

でも、私の場合は、自分がそういう行為をしていることが第三者の目で見えてくるのです。

正月早々、ちょっと脱線した話で失礼しました。

今年も宜しくお願いします!

霊感商法は詐欺だ

 

 

 

霊感商法で、現職の神奈川県警の警視宅が家宅捜査されましたね。取り締まるべき警察官が、グルだったとは驚きです。

 

この種の事件、つまり、人の不安につけこむ事件は、なくなりませんね。手を換え品を換え、消えては現れ、消えては現れます。マルチ商法も、自分は騙されないぞと思っても、なくなりません。今は、和牛商法ですが、以前は健康食品、養殖エビ、山林なんてのもありました。

 

霊感商法の話でした。

「これが効く」と言われても、証明できないところがミソです。「鰯の頭も信心から」という諺があるように、昔からこの手の「職業」はあったのでしょう。実際、それで、不安が軽減されて、運をつかんだ人も偶然にもいたことでしょう。

 

今回の「詐欺」の主役とされているのが有限会社「神世界」(しんせかい)と呼ばれているヒーリングサロンなのですが、「魂を昇らせるのに70万円」「特別祈願料で50万円」「御礼祈願料で40万円」…なるものが請求されるようです。サロンでは「警察の人がいるから安心」とセールストークに使っていたらしいのですが、こればかりは、嘘ではなく、本当だったので、笑えないほど悪質です。

 

神世界被害対策弁護団が昨日、記者会見してその実態を明らかにしたのですが、へったくそな字で「楽」とか何とか書かれた書などもありましたが、これも何十万円とかで売りつけられたのでしょう。そんなもん効き目があるわけないのに、不安に駆られて切羽詰った人が「警察のお墨付き」とか言われれば、コロリと騙されてしまうのかもしれません。

ワイドショーのキャスターが、「ある神社が御札を100万円で売ったら、これも霊感商法になるんでしょうかね」とコメンテイターに聞いたら、そのコメンテイターは「それはなりません」と答えていましたが、私なんか「そうかなあ。大して『神世界』と変わりがないじゃないか」と思ってしまいました。

 

よく、霊が見えるとか言う人がいますが、私の知っている範囲では、その人は決して、金銭を請求したりしませんでした。ですから、多額な金品を請求する人がいたら、その人が有名無名問わず、既成宗教だろうが、新興宗教だろうが、サロンだろうが、霊媒師だろうが、「商売」だと考えて間違いない、と断言します。

結婚とは…

 

 

 

結婚とは、一組の男女が、一時の熱情にかりたてられて一緒になり、ともに狭い部屋に棲むことである。

と作家の渡辺淳一氏は言います。(出典は省略します)

狭い部屋に一緒に棲むからさまざまなトラブルが生じるのだと言います。

恋人時代や婚約時代にはお互いに見えなかった欠点が一緒に棲むようになると見え、お互いに嫌になるというのです。

「結婚は7年制にして、その都度更新したらいい」と発言したドイツの女性政治家もいました。

私は、コメントを避けます。福田首相みたいでしょう?

誇りと恥

 

 

 

今、日本で最も有名な脳生理学者の一人が、あるインタビューで以下のような趣旨の発言をしておりました。

 

「人間は、困難を乗り越えると、そのご褒美としてドーパミンの快楽が発散され、次の障害や困難を乗り越える力や知恵になる。だから、人間には困難や障害があればあるほど成長するのです」

 

うーん、そうですかねえ?私は、ここ十年近く、困難と障害だらけでしたけど、あまりドーパミンさんにお目にかかることはできませんでした。何か大きな目に見えない力が天の配剤として裁いてくれたのか、時間が解決してくれたのかわかりませんけど、黙ってじっと嵐が去ってくれるのを願っているだけでした。逆風が吹けば耐えるしかないではありませんか。我慢、辛抱、忍耐のみでした。

 

ということで、人は証明できなくても、万人に当て嵌らなくても、人は何を言ってもいいのだと悟りました。

「何を言ってもいい」ーということで、転びまろびつつ、このブログを書き続けています。

ある人が、このブログを読んで、私は「国家転覆を図る左翼主義者で、在○で、某宗教団体会員だ」と思ったそうです。

別に、「何を書いても自由」なら、「どう判断されても自由」だと思いますが、残念ながら、いずれも私には当て嵌まりません。

私は、いつも通勤で同じ車両に乗らないと気がすまない性質ですし、お風呂に入って最初に体を洗うのは左腕からで、バスタブに入るのは右足から、毎日必ず新聞を読み、偶にはお酒を飲み、煙草はきっぱり止め、麻薬は吸わない(当たり前ですか)極めて保守的な信条で生活を送っています。伝統芸能は好きですし、年始は必ず神社にお参りし、いわゆる神社仏閣巡りに無上の喜びと心の平安を感じる典型的な日本人の一人だと思っています。

ある高名な評論家が「人間は、宗教的信条や思想的信条より、自分自身の誇りと恥を最優先して生きていくものだ」と書いておりましたが、妙に納得してしまいました。

あなたは何を誇りとして生きていますか?

あなたは何を恥として生きていますか?

そう、聞かれれば、私自身もその気持ちで生きています。電車の中でお化粧したり、大声で携帯電話でしゃべったりすることは「恥」だと思っているので、絶対にしません。

車内でお化粧したり、携帯で話したりする人はそれが恥だと思っていないからできるのでしょう。

昨晩も、仕事の帰りの車内で大声で携帯で話す若作りのおばあさんがおりました。孫らしき5歳くらいの小児が、靴を履いたまま座席に座り、ぶつかってきても保護者は平気な顔でした。それでいて、「アイン、ツヴァイ」だのと、ドイツ語で二人で会話して「おまえらとは身分が違うんだぞ」といった雰囲気を周囲にばらまいておりました。

私はたまりかねて注意をしました。

しかし、おばあさんは聞こえないふりをして無視しました。

その時、私は「人間は教条主義的な信条で生きているのではないのだ」ということを確信しました。

「あなたは絶対!運がいい」

友人から「おまえは、裏のない人間だ」と言われたことがあります。包み隠さず、己をさらけ出す性分だからでしょう。

親友からは「彼は、裏の裏もない人間だ」と言われたことがあります。裏の裏は表なので、表も裏もない人間という意味なのかもしれません。

そんな人間である私が正直に告白すると、友人関係でまた滅入ってます。身から出た錆なのですが、本当に自分自身が嫌になります。

そういう時、浅見帆帆子さんが24歳の時に書いた「あなたは絶対!運がいい」(グラフ社)は本当に、砂漠で出会ったオアシスのように身に染みます。

そこには、こんなことが書かれています。

精神のレベルを上げるには、自分の本音に基づいた行動することに限ります。例えば…

●考えても解決しそうにない時は、考えなくてもよい。

●「いやだなあ」と思う人とは無理して会う必要はない。

●自分が不安になるようなことは考えない。

●「なんだかこうしたい」と思うことは行動に移す。

●人間の「心」はプラスのパワーでいっぱいにしておくと、嫌なことは排除して、嬉しいことだけを引き寄せてくれる。

●自分の好きなことをやらなければ成功しない。

●自分の人生の中で起こることは、どんなことでも全部自分が作り出しているか、招き寄せていること。偶然というものはない。

●「絶対にうまくいく」と信じること!

この伝でいくと、友人は、私のことをひどく嫌っているので、「無理して会うことはない」。こういうことが起きたのは、彼のせいではなく、「全部自分が作り出したこと」なので、「自分の好きなことをやる」しかないということが分かったのです。

この本を読むように薦めてくれたのは、帯広の平田さんですが、24歳に救われました。

ブックサービス

人生で一番美しい日

 

慶応大学医学部教授の坪田一男氏の「老けるな!」(幻冬舎)には、脳と体を若返らせる68の方法が書かれています。大きな活字で、文字数も少なく、通勤電車の中で30分ほどで読了してしまいました。

内容は、目次で充分、分かります。抜粋すると…

●今日は、人生で一番美しい日と思え

●自分をほめろ

●いい言葉しか使うな(汚い言葉は使うな)

●心を許せる友を持て

●嫌いなヤツのグッドラックを祈れ(ポジティブ思考)

●危険を感じたら迷わず逃げろ

●ゴキゲンな人になれ

この中で、「おとといの夜ごはんを思い出せますか」というのがありましたが、オーマイガー!私は昨晩何を食べたのかさえ、思い出せませんでした。これは重症ですね。

最近の脳医学で、特に記憶力や集中力といった脳の働きは、4つの脳内物質(神経伝達物質)がコントロールしていることが分かっています。それは、以下のものです。まるかっこの中は、その物質が少なくなると陥りやすい病気です。

1、ドーパミン(パーキンソン病)

2、セロトニン(鬱病)

3、ギャバ(躁病)

4、アセチルコリン(アルツハイマー病)

これらの物質が欠けるのは、遺伝的な面やライフスタイルに関係しているようです。まだ、分かっていない要素が多いのですが、せめて、毎日、心身ともに健康的な生活を送れば、ある程度のリスクは避けられそうです。

汚い言葉を使わず、人には優しく、自分もたまには褒めてあげて、感謝の気持ちを忘れずに…

厭離穢土

 帯広動物園

 

人の心は移ろいやすく、愛は不滅ではなく、何はともあれ己の都合が最優先。すべて自己保存本能があるのみ。
人は簡単に人を裏切り、その手段を選ばず。
前世も後世もなく、ただあるのは地獄の苦しみの現世のみ。
生きることとは、苦しきことのみ、多かりき。
生きる目的はなく、生き甲斐もなく、人生に意味も意義もなし。辛抱と我慢と忍耐があるのみ。
恩知らずの人間が巷に溢れ、いとも容易く友情も愛情も反古にし、その行為すら忘却す。そこにあるのは、己の出世欲と権力欲と名誉欲があるのみ。
人前で平気で化粧し、ヤンキーの如く、歩きながら物を喰うようになった日本人。
恥も外聞もなく、まさしく恥知らずで、恩知らずで、破廉恥に成り下がった日本人。
己の自尊心と体面を守ることのみ汲々とし、まさに犬畜生以下の無益な存在なり。
人の金で採算を度外視して保養施設を造り、天下り先で多額の退職金をむしり取って、田園調布に豪邸を建てる高級官僚。雨水で消毒した賞味期限の切れた肉で偽装ミンチを作っても、買う方が悪い、と開き直る社長。自己保存本能を満たすために手段を選ばず。
エネルギー資源獲得のために、自衛と称して戦争をばらまくアメリカ人。自分たちが口にしないからと言って農薬漬けの農産物と有毒物質の入った薬物を世界に輸出する中国人。天然ガスと漁業資源を死守するために無理難題を押し付け、占領地を返還しないロシア人。他国の人民を拉致し、自国の人民を迫害し、麻薬を密売し、偽札を流通させて私腹を肥やす北朝鮮幹部。
世の中、不正と悪と不条理がはびこっている。
人の世は弱肉強食、勝てば官軍。負ければ賊軍。歴史は勝者の側から書かれ、敗者は末代まで汚名を着せられる。
勝つために、手段を選ばず。世に汚職と賄賂と追従と諌言と謀略がはびこり、人を出し抜き、裏切ることなど朝飯前。
人間かくも醜悪で汚辱に満ちた世の中。
そこに救いはあるのか? 新興宗教家は、人の不安につけこみ、多額の献金を詐取して、大学を作り、政治家を作り、医者弁護士を作り、マスコミを作り、芸能人を作り、美術館を作り、領地を作り、時の権力までも手にする。人呼んで、これが衆生救済。
しかし、朋之介さん、それでは身も蓋もない。それを言っちゃあ、おしめいじゃござせんか?
あ、私ですか?
どんなに、もがこうが苦しもうが、純粋さを忘れないようにしているのです。ドビュッシーの言葉ですけどね。
そしたら、信じられないくらい幸運に恵まれ、生きているだけで楽しいのです。本当についているのです。悪いことが起きないのです。うまくできているのです。すべて順調で、いい方向に向かっているのです。離れていく友人もいますが、それは彼が必要なくなったからなので、お互いのためにもよかったのです。良い事だから起きたのです。万事塞翁が馬。私には良い事しか起きないのです。。。そう思えば気が楽ですよ。
序でながら、あなたも好い人をやめると気が楽になりますよ!

達観の境地

 十勝岳

 

会社の先輩の水川雅紀さん(仮名)と昨日、昼食を一緒にして色々とお話を伺いました。

 

水川さんは、大学の先輩でもあり、私より6歳年長です。でも、童顔でほとんど白髪もないので、私より6歳以上若く見えます。そんな先輩が、大病を患ったのは、昨年の春先。生死を彷徨うほどの大病で、約1ヶ月間の入院で、まさに九死に一生を得て、この世に生還を果たしたという感じでした。

 

病名は「急性大動脈乖離」。石原裕次郎やドリフターズの加藤茶とほぼ同じ病名です。ある日、突然という感じではなく、何か徐々に徐々に体調が思わしくなくなり、救急車で運ばれた時は全く歩けない状態だったそうです。下半身に血の巡りが悪くなり、医者が脚の脈を取ったところ、脚の脈がなかったそうです。

 

約1ヶ月間は、絶対安静の状態で、手術をすると、何か、鉛のような金属を埋め込まなければならなかったそうですが、そこまでしなくても回復してきたので、退院したそうです。しかし、今でも「いつ再発してもおかしくない」時限爆弾を抱えているようなものです。

 

原因を考えても、仕事のストレス以外はあまり考えられないそうです。健康には一応気を使い、食事にも気を使っていた。強いて挙げるとすると、、倒れる前は、よく、焼酎を原酒のまま飲んでいた。それぐらいだったそうです。

 

この世に生還して1年余り。私が「人生観は変わりましたか」と質問すると「変わったなんてもんじゃないよ」と先輩は答えました。「ああ、このまま死んじゃうんじゃないかなあ、と思ったけど、もう少しだけ、生きてみたい。何をしたいというわけじゃないんだけどね。別に何か書いてみたいということでもない。とにかく、細々と、でいいから、生きてみたい。そう思ったんだよ」

 

先輩は、特に宗教や信仰を持っているわけではなく、言葉を巧みにして表現するようなタイプではありませんが、「達観の境地かな」と言いました。私が「路傍に咲く花が一段と可憐に見えたりするんじゃないですか」と言うと「そうそう、その通りなんだよ。うまいことを言うねえ」と声のトーンを上げました。

 

「いつも、家の近くで散歩していた所で、入院前は通り過ぎていた『おせんべい屋』さんがあってね。そこでは80代のお爺さんとお婆さんが店を切り盛りしているんだけど、そこで、色んなおしゃべりをしたりしてね…。細々と生きるということがこんな素晴らしいことなのか初めて気がついたよ」

 

「そうなると、会社の人事とか出世なんかには興味なくなるんじゃないですか」と私。

 

「そう、まったーく、どうでもいい。出世したからと言ってどうなの?ウチの会社の人を見ても、出世しても可哀想なくらい惨めでしょう?人間、生きるということは、そんなもんじゃないということに気付いたんだよ」と、先輩は自信満々の表情でした。

 

これこそ、まさに「達観の境地」です。

私などのように修行の足りない人間は、毎日、焦ったり、後悔したり、地団駄を踏んだり、恨んだり、羨んだりしてばっかりなので、まだそんな境地にまで至りませんが、非常に腑に落ちる話ではありました。