笑うしかない明治から現在に至る贈収賄疑惑の数々=室伏哲郎著「実録 日本汚職史」

WST National Gallery Copyright par Duc deMatsuoqua

 室伏哲郎著「実録 日本汚職史」(ちくま文庫、1988年2月23日初版)を読了すると、かなりの無力感に苛まれてしまい、落ち込みます。明治の近代化から始まった政治家と政商財閥との贈収賄汚職疑惑を総覧したノンフィクションです。今さら読むなんて遅すぎますが、古典的名著です。個人的に知らなかったことが多かったです。著者の室伏氏(1930~2009年)は「構造汚職」の造語を発案した作家としても知られています。

 この本を読むと、歴史上「偉人」と教え込まれた明治の元勲たちも、500以上の会社を設立して日本の資本主義を切り開いた貢献者・渋沢栄一も、早稲田大学を創設した大隈重信も、皆、みんな、汚職の疑惑まみれで、自分は何の歴史を学んできたのか、と疑心暗鬼になってしまいます。

 著者は第1章でこう書きます。

 クーデターによって政権を握った明治政府は、国民のどの階層にもしっかりした支持も基盤も持たなかった。だから、為政者たちは…天皇を神に祭り上げて…、国民を遮二無二「富国強兵」に追い立てたのである。「殖産興業」も彼らの合言葉であった。

 天皇制政府の産業奨励、資本主義の育成というのは、中央政府の吸い上げた富を少数の利権屋に与え、利権屋・財閥と政府高官が私腹を肥やすことであった。いわゆる政商型資本主義である。

 この後、著者は、明治5年の「山城屋事件」から昭和61年の撚糸工連汚職に至るまで、「これでもか」「これでもか」といった感じで疑惑汚職を並べて解説してくれます。

 私が知らなかった疑獄事件に、明治6年に明るみに出た「三谷屋事件」があります。三谷屋は、長州閥の陸軍に食い込んで暴利を貪った政商で、山縣有朋の妾の小遣いまで出していたといわれます。それが、三谷屋の手代・伊沢弥七が内緒でやった水油の思惑買いが大暴落して、莫大な借金を抱えてしまいます。三谷屋の失脚を狙った三井系商社による投げ売りが原因と言われています。

 落ち目の三谷家は、政府高官の入れ智慧に従って、日本橋、室町、京橋など市内目抜きの地所53カ所全てを見積もって5万円で三井組に提供することになります。ただし「10年後には全ての地所を無条件で返却する」という返り証文を付けてでした。

 ところが、10年経って三谷家が三井組から地所を返却してもらおうとしたところ、返り証文が見つからない。当時、三谷家の当主がまだ若いという理由で、返り証文を預かっていた姉婿の三谷斧三郎が放蕩の末に金に困り、それに付け込んだ三井組が密かにその返り証文を二束三文で買い取ったらしいのです。

 ということで、三谷家の「身から出た錆」とはいえ、世が世なら、今頃、銀座1丁目や日本橋の超・超一等地は、三井不動産ではなく、三谷財閥が開発していたことになります。となると、GHQ占領下時代に室町の三井ビルを根城に権勢を振るって「室町将軍」と呼ばれた政界の黒幕三浦義一氏も、三井財閥ではなく、三谷財閥を相手にしていたのかもしれません(笑)。

 このほか、面白かったのは(と、やけ気味に書きましょう)、出版社が県知事に賄賂を贈って教科書を採用してもらうように働きかけた明治35年の「教科書事件」、大正時代の売春汚職「松島遊郭疑獄」、放蕩の挙句に借金まみれになった元官僚が、桂太郎首相の娘婿の肩書を利用して内閣賞勲局総裁になり、賄賂を取って勲章を乱発した「売勲事件」(昭和3年)などを取り上げています。

 しかし、疑惑ですから、ほとんどの政治家や高級官僚は捕まらないで有耶無耶になってしまうんですよね。

 著者の室伏氏も書いています。

 三面記事を派手に賑わせる強盗、殺人、かっぱらい、あるいはつまみ食いなどという下層階級の犯罪は厳しく取り締まりを受けるが、中高所得層のホワイトカラー犯罪は厳格な摘発訴追を免れているーいわゆる資本主義社会における階級司法の弊害である。

 そうなんですよ。時の最高権力者が自分たちに都合の良い人間を最高検検事総長に選んだりすれば、汚職疑惑の摘発なんて世の中からなくなり、曖昧になるわけです。

 文庫の解説を書いた筑紫哲也氏も「本書を通読して驚かされるのは、恐ろしく似たような権力犯罪が明治以来現在まで繰り返されていることである。このことは、税金をいいように食い尽くされてきた納税者が、そのことに鈍感または寛容であり続けてきたことが連動している」とまで指摘しています。

 人間は歴史から何も学ばないし、同じ間違い、同じ罪を犯し続けます。まあ、笑うしかありませんね。悲劇というより、喜劇ですよ。

(引用文の一部で漢字に改めている箇所があります)

登戸事件、農林水産省元事務次官事件で考える

  内緒ということになってますが、私は今でもあるマスコミで仕事をしております。(しがみついているといった表現の方が正しいでしょう=笑)

 私とは違って、会社で偉くなった先輩や後輩の中には、同業他社であるテレビやラジオに出演している方もおります。いわゆるニュースのコメンテーターってなところでしょうか。

 私自身は、彼らとは同じ会社だったので、本人についてはよく知っており、話もしたこともあるというだけで、何の関係も利害関係もないのですが、どういうわけか彼らが出演するテレビやラジオは、気恥ずかしくなって、チャンネルを変えるか、消したりしてしまいます。

 偉そうですが、「お里が知れる」といいますか、「育ち」が分かってしまっているからです。落ち着かないのです。特に、政治経済から事件事故に至るまで幅広く「解説」したりしていると、正直、「専門でもないことをよくここまでしゃべれるものだ」と違和感を覚えてしまうのです。政府広報的な政権擁護の発言をしても、低音の魅力にほだされて、視聴者は信じ切ってしまっているんだろうなあ、と思ってしまうのです。

 それはともかく、先月5月28日に川崎市登戸で起きた20人殺傷事件では、テレビやラジオでは見たことも聞いたこともない多くの犯罪心理学者の方が出演されて、ああでもない、こうでもない、推定されておりました。でも、本当にその通りなんでしょうか?「拡大自殺」なるキーワードも初めて知りましたが、推測の域を出ていません。もしかして、鬱屈した犯人自身すら明確な理由は分からなかったのかもしれません。(ただし、自分が進学できなかったのに、同居していた従姉が通っていた名門学園に対する恨みや羨望があったことは推測できますが)

 「自殺するなら一人でどこかでやってくれ」とテレビで発言した落語家らに対して賛否両論で、人権擁護団体から非難が集中したらしいですが、私も最初はそう思ってしまいました。私の卒業した大学の後輩に当たる外務省の職員や幼い無抵抗の小学生を殺害する権利なぞ誰にもあるわけありません。でも、あまり強調すれば、このブログは炎上するでしょうね。

 登戸の犯人は伯父夫婦に育てられた複雑な環境で、51歳ながら、「引きこもり」だったと言われています。

 登戸事件の4日後の6月1日には、東京・練馬区で、農林水産省の元事務次官が、44歳の息子を刺殺する事件がありました。亡くなった息子さんは、定職につかず、引きこもりがちで、ネットゲームにお金を注ぎ込み、親子の間で口論が絶えなかったと言われてます。元事務次官は76歳。子どもが親を介護するのではなく、高齢の親が働かない成人の子どもの生活の面倒を見ていたことになります。犯人を一方的に指弾したくなくなるような情状を感じてしまいます。

 今日のニュースでは、元事務次官は、川崎登戸事件を見て、「隣の小学校の児童がうるさい、ぶっ殺すと言っていた。息子を加害者にさせたくなかった」と供述したそうですね。(それとは無関係に、元事務次官は年収2300万円で、退職金は8800万円だったらしく、私の周囲では「税金なのに貰いすぎ」とのやっかみの声が)

 加害者と被害者の事件が続けてあったせいか、「引きこもり」が再び注目されています。厚生労働省の調査では全国で約60万人が引きこもりになっていると言われてますが、ある精神科医は「その数は実際100万人以上で、50代、60代と高齢化している」と推定しています。勿論、99.99%の引きこもりの本人たちはそんな事件とは無関係なので、はた迷惑であり、注目されること自体は人権侵害なことは確かなのでしょう。

 世の中が格差社会、貧困社会になったせいなのか、私は専門家ではないので分かりませんが、いつ暴発するか分からない不満分子が増えればいつ事件に巻き込まれるか分からず、安心して公道も歩けません。

 先月31日には米バージニア州の市庁舎で銃乱射事件があり、少なくとも12人が死亡したと言われます。 またか、です。民間統計によると、米国で今年起きた銃乱射事件は、これで150件目になるとみられる、とBBCは報じています。いやはや、どこの世界でも、現代は安心安全に暮らしていけないものなんでしょうか?

ゴーン容疑者を持ち上げたのはマスコミではないか?

昨日の日産の「ゴーン会長」から、東京拘置所に勾留された「ゴーン容疑者」になった人の話の続きですが、早速、新聞各紙は、ゴーン容疑者の「罪状」の連載を今朝の朝刊から始めました。

とはいえ、ゴーン容疑者のことを「V字回復の立役者」だの、「救世主」だのと持ち上げてヒーロー扱いしたのは、新聞や経済誌などのマスコミだったんじゃないでしょうか。

◇クビになった工場労働者の怨霊か

今回の「入り口」の事件容疑は、本当は役員報酬を20億円も貰っていたのに、「高額」との批判を避けるために、10億円と過少申告していたということになります。一番ざんねんな人たちは、「コストカッター」の名の下で、クビを切られた何千、何万人にも及ぶ日産の工場労働者たちでしょう。当然、彼らは泣き寝入りしたことでしょうが、結果的にゴーン容疑者は、彼らの生き血を吸って巨額の富を得ていたことになります。

元工場労働者の皆さんは快哉を叫んだことでしょう。

この事件について、もう少し情報が欲しくなったため、今日発売の「週刊文春」を買ってみました。「強欲ゴーンVS日産『離婚訴訟費用まで』」という見出しにつられてしまったからです。でも、見出し以上の情報はありませんでしたね。嗚呼、買って損したなあ(苦笑)。

◇「おカネに関して、カルロスは正しいことをしたことがない」

悔しいので、同誌に書かれていたことで、「へー」と思ったことを少し並べてみますと、3年前にDV(家庭内暴力)によって離婚した糟糠の妻だったリタさんは、2週間前に「黙らないと賠償命令を500万ドル(約50億円)に上げるぞ」とゴーン容疑者らから恫喝されたそうです。リタさんは、文春砲にゴーン容疑者の家庭内暴力の酷さや、金に対する汚さを暴露していましたからね。

ゴーン容疑者は、2年前には仏ベルサイユ宮殿で、一回り若い米国人キャロルさんと超豪華な「再婚式」を挙げ、2人が住むニューヨークの豪邸は、日産の経費から落としている疑いもあるようです。

ゴーン容疑者の豪邸は、このほか、パリやベイルートやリオデジャネイロなどにもあることは昨日書いた通り。日本の自宅は、プールやジャグジーを完備した家賃推定460万円の港区の高級マンションだったらしいのですが、写真に写っていたマンションは、どう見ても「六本木ヒルズ」に見えました(笑)。

◇馬鹿らしく、空しい

嗚呼、何だかこんなことばかり書いていて、自分でも馬鹿らしく、そして、何よりも空しくなってきました。

それにしても、今朝方入ってきたニュースですが、仏ルノーが取締役を開いて、同社会長兼最高経営責任者(CEO)のカルロス・ゴーン容疑者の解任を見送ったらしいのですが、解せないですね。ルノーの「子会社」に当たる日産を私物化したわけですから、そのうち背任容疑も問われることでしょう。

フランス人の考えることはよく分かりませんね。また、空しくなってきました。

ゴールデン・ステイト・キラー逮捕から色々と考えが及びました

スペイン・コルドバ

3年前に大病してからは、めっきり怖いものが苦手になりました。

ホラー映画なんかとんでもない。遊園地のお化け屋敷やジェットコースターなんて、何でお金を出して、長い列を並んで乗らなければならないのか、神経が知れたもんじゃない、と思うようになりました。殺人事件を扱ったミステリーも絶対読みません。

昔は、結構、好き好んで、見てたり、乗ったりしたもんですから、人間、変わるものです。

テレビもまずは、怖いものは見ませんが、一昨日、たまたま、つけていた民放テレビで米国で40年前に起きた未解決の連続殺人事件の犯人が、今年4月になって、40年ぶりに逮捕されたという番組をやっていて、思わず、長い長いCMの合間をぬって最後まで見てしまいました。

これは、私は全く知りませんでしたが、「ゴールデン・ステイト・キラー」事件と呼ばれ(ゴールデン・ステイトとは、1849年に金鉱が発見されてゴールドラッシュとなった米カリフォルニア州の別名)、1974年から86年にかけて、そのカリフォルニア州で起きた連続暴行強盗殺人事件のことです。13人が殺害され、50人が強姦され、120件の強盗が遭ったと言われながら、犯人は捕まらず、迷宮入りしておりました。

犯人は、他に色んな名称で呼ばれていて、ロサンゼルス出身のH君は「あ、East Area Rapist(東部の強姦魔)なら知っている。彼は捕まったんですかぁ」と驚いてました。

番組では、この事件に興味を持った一人の捜査官が定年間際になるまで執念で20年以上も追いかけ、最後は、実に革命的な捜査方法で、犯人を逮捕するという一部始終を再現ドラマ仕立てでやっておりました。

スペイン・コルドバ

犯人は、Joseph James DeAngelo ジョゼフ・ジェームス・デアンジェロ、72歳。何と、捜査当時は身内の警察官で、事件後もカリフォルニア州に住み続けておりました。それなのに、彼は、警察官の特権を利用して、無実の人間を犯人として偽装したり、自分自身はうまく立ち回ったりしたので、一度も容疑者として浮上していなかったのです。

革命的捜査方法とは、DNA鑑定です。まず、最初に「GEDマッチ」という、自分のDNAがどんな人と一致するのかが分かる米国では有名になったウエッブサイトに、犯人が現場に残したDNAを匿名で投稿します。すると、東海岸に住むある女性が見つかりました。

その女性を手掛かりにして、「家系図」の専門家を動員して、1800年も遡って(本当かなあ?)、何万、何十万という人間の家系図を作り、一人一人に犯人のDNAを一致させます。そんな気の遠くなるような作業を経て、やっと、たった一人、一致する者が見つかったのです。

それがデアンジェロでした。彼は、逮捕前は魚釣りに出かけるほど元気に歩き回っていたのに、裁判になると、急に車椅子に乗って、老年性の認知症を装って罪から逃れようとしておりました。(まだ、判決前なので、確かに、彼はまだ容疑者の段階ですが)。

ただ、一方で、その革命的DNA鑑定捜査については、「プライバシーの侵害」ということで大反対する市民もおりました。

この革命的DNA鑑定捜査で、他に迷宮入りしていた連続殺人事件の犯人が次々と逮捕されていったので、画期的手法だと感心したのですが、何でも、物事には二面性がありますね。確かに、このままでは、プライバシーはなくなってしまいます。

現に、日本では、今ではあらゆる所で、監視カメラが設置されていて、犯人逮捕に大活躍してますが、当然ながら、無辜の民でも、いつでも、当局から監視されているということになりますよね?

国民総背番号(ナンバー)制度の導入によって、個人資産も全て当局に筒抜けになってしまいました。

もう、後戻りできないでしょうね。皆さんも、この事態についてどう思われますか?

気の毒過ぎる結愛ちゃん

東京・目黒区の女児虐待死事件。

今月の話かと思ったら、事件はもう3カ月前の3月2日の話だったんですね。しかも、2年以上も前から香川県で虐待が続いていて、犯人の両親は児童相談所から逃亡目的なのか、今年1月に東京に引っ越して、東京でもしつこく虐待を続けていたようです。殺された結愛ちゃん(当時5)は「反省文」まで書かされ、「もっともっときょうよりかあしたはできるようにするから もうおねがい ゆるして ゆるしてください」とまで書いていたそうです。

胸が締め付けられほど気の毒な話です。

父親の船戸雄大(33)容疑者は何と無職、母親の優里容疑者は25歳だったとか。2人は結愛ちゃんに食事を1日1食しか与えず、死亡時の体重は、同年齢の平均より7キロも少ない12キロしかなかったそうです。

何故、可愛い我が子なのにそこまで虐待するのか、良心の呵責も罪悪感もないのか、はたまた悪魔なのか、全く不思議で理解不能でしたが、結愛ちゃんは、雄大容疑者の子ではなく、2人の間に他に1歳の男の子がいると聞いて少しだけ分かるような気がしました。

ライオンやチンパンジーなど、前のオスから生まれた子どもは、殺してしまう習性を持つことを昔読んだ本などで知っていたからです。自分の血統を残すためです。

それにしても、人間には理性があり、理性があるのが人間です。私も、前の結婚で生まれた子どもと一緒に、夫婦になった友人を知っておりますし、(彼は「不労所得だあい」と嬉しそうに可愛がってました)、その後に子どもを授かっても、血の繋がりのあるなしで兄弟を区別することなど決してありませんでした。

幼児虐待の背景には大抵、このような要素がありますが、他に何かできなかったのか、手立てがなかったものか、といつも悔やまれます。行政だけに任すだけではなく、前の旦那さんが引き取ってもいいでしょうし、祖父母もまだ40代か50代で健在でしょうから庇護してもいいはずです。頼れるのは親しかなく、全く無抵抗の女児の魂が全く浮かばれません。

表札泥棒

銀座

その話を聞いたとき、不謹慎とは知りながら、思わず大声でお腹を抱えて笑ってしまいました。

京都にお住まいの京洛先生の表札が盗まれたというのです。

私も何回か、いや、何回も京都の御自宅にお邪魔させて頂き、いつもその不釣り合いな立派過ぎる表札(恐らく、白檀の高級材が使われ、末端価格10万円か?)を崇めたことがありますが、まさか盗難に遭うなんて思いも寄りもませんでした。

第一、盗んだところで、どうするんでしょう?人様の名前ですから、使いものにならないのでは?

「それが、転売するらしいんですよ」と京洛先生。

しかし、同姓同名ならともかく、京洛先生の本名は、戦国武将のようなお名前で、まず、現代人にはいません。せめて、江戸幕末の頃までは多かったかもしれませんが、恐らく、明治に入り、絶滅危惧種となりました。

本当です。

だから、まず、現代人で同姓同名はあり得ないと思いますので、再利用は不可能です。

ヤフーオークションに掛けても、買う人がいるかどうか。

それとも、あまりにも立派なお名前で、異様に黒光りして屹立する表札には、神々しささえ感じられ、マニアの盗人が神棚に飾るのでしょうか?

「そうです。表札を貰った人は出世すると言いますからね。皆さん御存知の一部上場の大企業に勤務されているXさん。あの方から所望されて、昔、小生の表札を差し上げたことがあるんですよ」

嗚呼、そう言えば、Xさん。今や、グループ社員20万人を抱える大企業のトップ目前です。

それに比べ、渓流斎は、出世とはまるで縁がなく、「終わった人」(内館牧子)と相成りましたが、京洛先生から表札を頂いたことがありませんでしたからね。

なあるほど。

しつこ過ぎる勧誘電話

 000532 中国の写真 Copyright Par Duc Matsuocha gouverneur

昨日のは「犯人」が分かりました。例の「075」という京都の市外局番から始まる不審の電話のことです。

やっぱり、セールスの電話でした。昨日、とても忙しいときに、電話がかかってきました。

以前、無料セミナーに当選した、ということをこの渓流斎ブログで書いたと思います。

「くじ運の悪いこの私が、競争率の高い抽選に当たるのが不思議」と書いた例の胡散臭いセミナーです。

やはり、胡散臭かった(笑)。

結局、当日は、Kさんの病院のお見舞いなどがあり、セミナー会場には足を運びませんでした。つまり、欠席。キャンセルです。

それなのに、勧誘の電話をかけてくるんですからね。

あっ!と思いました。つまり、奴らは単に、個人情報を集めていたんですね。住所・氏名・年齢・職業・電話番号・年収・家族構成…その他もろもろ。。。可能な限り、むしり取ってやろうと。。。

000534 中国の写真 Copyright Par Duc Matsuocha gouverneur

「無料セミナーの目的は、いかがわしい商品を売りつけることだ」と「お金に強くなる!」を書いた山崎元さんは、喝破していましたが、「早く言ってよ~」てな感じです。

もう既に、敵さんに個人情報を握られてしまいました。もっと早く知っていれば、応募なんかしなかった。それに、セミナーに参加さえしていないんですから、まさに、やらずぼったくり。(下品ですんません)

酷いことに、敵は一人ではなく、もう一人というか、もう一団体組織おり、「03」の東京番号から始める輩から、ほぼ同じ忙しい時間帯にセールスの電話がかかってきました。

これからまた、他に電話がかかってきたら、きっぱり断るつもりです。

うまいことに、今のスマホはよくできていて、不都合な、不審な電話番号は、簡単に「着信拒否」することができるようになっているんですね。これはいい。

000536 中国の写真 Copyright Par Duc Matsuocha gouverneur

名古屋にお住まいの海老付羅江先生は、最近、多くの「迷惑メール」に悩まされているそうです。詳しい事情は分かりませんが、変ないかがわしい無料セミナーに申し込んだんでしょうかね?(笑)

迷惑メールも迷惑電話も資本主義の宿命なのかもしれませんが。

検非違使撃退法とプライドがない新聞週刊誌

銀座・魚屋ランチ

笑ってしまいましたよ。

昨晩は、渓流斎の眷属と赤羽駅前の「まるよし」(アジフライがめちゃ旨かった)で呑んでいまして、私が、検非違使に捕まった話をしたところ、な、な、何と眷属も、同じ日に違う場所で、自転車に乗っていたら、同じように検非違使に捕まったというのです!

同時多発何とかで、検非違使長官は、全国的に歳末キャンペーンでも張っていたのかしら?(笑)

でも、眷属の場合、私と違って、イヤホーンをしていたわけでも何でもない。ただ、普通にママチャリに乗っていただけなのに、若い検非違使に呼び止められたそうです。

どうやら盗難自転車ではないかと怪しまれたようで、何も悪いことをしていない頭にきた眷属は「検非違使手帳を見せてください」と言ったそうです。

そしたら、その若い検非違使は「偽物がこんな制服着てますかねえ?」と苦笑しながら、本物の手帳を見せてくれたらしいです。

勿論、盗難自転車でも何でもないことが分かりましたが、それでもやられた方は堪りません。彼は家に帰ってネットで検非違使撃退法を調べ上げたそうです。

それは、まず、検非違使から呼び止められた時、相手に「それは任意ですか?職質(職務質問)ですか?」と尋ねるべきだというのです。職質なら、相手は説明責任を果たさなければなりません。例えば、「最近、この付近で自転車が盗まれた事件が発生したので、ご協力願えませんか?」といった調子です。

もし、相手が「任意です」と応えた場合、「それでは、私は急いでいるので、お断りします」と言ってその場を離れても問題ないそうです。

それでも相手がしつこく食い下がってきたら、「監察室に報告しますから、貴官の名前と所属を言いなさい」と言って撃退すればいいというのです。

ただ、この場合、紳士淑女的態度が必要で、激昂して肩に触れたりしたら、それこそ別件の「公務執行妨害」となり、楽々と逮捕されますから気をつけましょう。

善良な市民を不安と不愉快に陥れる検非違使とは、断固として闘おうではありませんか、諸君!

◇◇◇◇◇

もう何十年もの話ですが、活字メディアの新聞や週刊誌は、もっと独立独歩で、足で情報を掻き集めなければならないのに、相変わらずテレビの話題で商売しているので興醒めしてしまいます。

新聞や週刊誌にプライドがないんでしょうかね?

ま、どうでもいいん話なんですけど(笑)。

昨日は、ちょっと、来月、東京・国立劇場で開催される歌舞伎の菊五郎劇団の公演をホームページで見てみたら、共演する尾上松緑の写真を見て吃驚。彼は、尋常ならざる痩せ方なのです。

病気でもしてしまったのかという激ヤセです。

私は、個人的ながら、松緑が辰之助を名乗っていた20年ぐらい前にどういうわけか、お見知りおきを頂きまして、お会いしたことがありますが、その当時も、つい最近までも、ぷっくりした体型で、顔もふっくらとしておりました。

どうしたんだろう?と思い、早速ネットで調べたところ、プライベートで元宝ジェンヌの奥さんと今夏、離婚するなどゴタゴタがあったようですね。

週刊誌は、舞台ではなく、テレビの話題が中心ですから、この件については何処もあまり触れていなかったので、私も知りませんでした。

まあ、だからどうした、という話でもありますが(苦笑)。

渓流斎、ついに逮捕される!?

新京Copyright Par Duc Matsuocha gouverneur

普段から、治安維持を乱し、お上に手向かうような言論を繰り返して、反感的な態度を改めなかった渓流斎容疑者が、ついに検非違使に逮捕されました。

渓流斎 はい、本当です。自転車で図書館に行く途中でした。最近、お気に入りのスポッティファイで、1960年代のポップスを聴いて走っていたところ、随分人相の悪い検非違使がいまして、通り過ぎたところ、後ろからバイクで「こんにちは」と追いかけてきたのです。

新京Copyright Par Duc Matsuocha gouverneur

あたしゃ、別に悪いことしてませんから、「へ、何でござんしょ?」と、止まったところ、その40歳ぐらいの検非違使さんは、「今、イヤホーンで聴いてますね。実は、それは道路交通法違反なんですよ」とのたまうではありませんか。

「えっ? 何ですか?」

「ええ、まあ、正確に言いますと、公安委員会遵守事項違反、第71条第1項第6号がありましてねえ。それには、自転車の傘差し運転、携帯電話等使用、イヤホーン等の使用が入っているです。これは、違反すると、5万円以下の罰金です」

「え====、何と!何と…」

「知らなかったですか?」

頷くしかない渓流斎。

関東軍総司令部 Copyright Par Duc Matsuocha gouverneur

「仕方ないすねえ。それでは、今回、初犯ということで、警告切符を切りますから、貴方の名前と住所、生年月日を」

そう言いながら、R探題の田口検非違使は、スイス製の高級腕時計をこれをみよがしに見せつけながら、「16時29分、確保!」と大きな声で宣言して公式文書に記入するのでした。

嗚呼、博打も賭博もしない、煙草もドラッグもやらない、酒も呑まない、息も吸わない、霞を食べて生きている、無遅刻無欠席で真面目一筋の渓流斎も、これで前科一犯になってしまったのか?

非道違反運転手を制裁せよ!=世間から舐められている日本の私

太陽島のマトリョーシカを囲んで Copyright Par Duc Matsuocha gouverneur

昨日の答えは…えっ?何の話ですか?

なんて仰らないでつかわさい。昨日のブログの最後の方で、「ジャーナリストの死」を英語で何というか、質問を差し上げていたはずです。

そっか、読んでないなあ(笑)。ま、いいですけんど。

こっから初めて読まれる方でもたいちょうぷでしょう。

-ジャーナリストの死を英語で何と言うか?

答えは、thirty です。えっ? はい、thirty です。「30」です。

新聞の記事の最後の印として、文章の終わりに、―30― と書くそうですね。

そこから来ているそうです。賢明なる読者諸兄姉の皆様はご存知のことと拝察申し上げまするが…。

 木々までもマトリョーシカ Copyright Par Duc Matsuocha gouverneur

今日の新聞各紙一面で、日本を代表する大手広告代理店の社員が昨年、自殺されたことに関して、労災が認められたことがデカデカと報じされています。
当事者は24歳と若い女性の上、写真で拝見すると超がつく美人さん。しかも、最高学府を卒業されているようで、まさしく3拍子揃った前途ある有望な方です。

この間、発売された経済誌で、この大手広告代理店の特集をしておりましたが、この世界のX社は、あらゆるメディアに眼がゆき届き、こういったスキャンダルめいた事案は、表沙汰になる前に封印される、と書いてありましたが、こうして、一面で派手に扱われるとは、威力が落ちたということなのでしょうか?

自ら生命を断たれた彼女は、入社1年目で、ネット広告の仕事を任されて、時間外労働が100時間を超えていたそうですが、暴論と非難されるとは思いますが、メディア関係となりますと、100時間というのは、ありえない滅多にない話ではなく、かなり拘束時間が長いということは異常ではないという側面がある、と聞いたことがあります。

恐らく、彼女には仕事のストレス以外にも何か複層要因があったのかもしれませんが、他人が憶測することは憚れます。本当にお気の毒で哀悼の意を捧げたいと存じます。

 松花江遊覧を終えて Copyright Par Duc Matsuocha gouverneur

楽しみにしていた本日の大遠足会は、雨のため順延となりした。最寄り駅から、レンタル自転車を利用するので、雨ではちょっと楽しみも半減してしまいますから。

余談ですが、最近、私は、どうも世間から舐められているという被害妄想があります。

過去のことは、取り返しがつかないので、最近のことです。

青信号で横断歩道を渡っていると、右折か左折かしてくる横暴な自動車が、こちらに猛スピードで突っ込んでくるのです。歩行者優先のはずでしょ?一瞬、「轢き殺される!」と心臓が止まりそうになります。

こちらが、信号を無視して渡っているのなら許せますが、ちゃんと道路交通法を遵守しているんですからね。私が住むド田舎の自宅近くなら、民度が低いので、仕方ないなあとグッと我慢できても、昨日なんか、オリンピックのメダリストがパレードする都心中の都心の銀座で、轢き殺されそうになりましたからね。

罰当たりの運転手は、悪びれた様子もなく、30センチ手前で嫌々ブレーキを踏みます。

話は変わりますが、映画好きの私です。それが、内幕を暴露されると怖れたのか、日本アカデミー賞協会会員を一方的に馘首されました。

何か規律に違反したとかでしたら、納得いきますが、これでも一応は映画界には、貢献しているんですけどねえ。

やはり、私は世間から舐められている!