バルーン

バルーンの中に何が入っているかご存知ですか?

熱気球、というくらいですからね。

そう、ただの空気が入っているだけなのです。その空気をガスバーナーで暖めて、空中に浮かびます。

気球といえば、思い出すのが飛行船「ツェッペリン号」です。

確か、水素が入っていたため、電線か何かに引っ掛けて大爆発しました。

これに懲りて、ヘリウムを使うようになったのですね。

ツェッペリンといえば、ロックバンド「レッド・ツェッペリン」です。英語の発音では、正しくは「レッド・ゼッペリン」です。

ジミー・ペイジによると、本当は「LED ZEPPELIN」ではなくて
「LEAD ZEPPELIN」という綴りにしたかったのですが、アメリカ人が、リード・ゼッペリンと読む恐れがあるので、LEDにしたのだそうです。

LEADでレッドと発音します。鉛のことです。

政界

今、やはり一番面白いのは、政界でしょう。
造反組37人。
郵政法案反対の急先鋒、小林興起氏の選挙区「東京10区」に小池環境相を対抗馬に。
亀井静香元政調会長の「広島6区」に、竹中郵政民営化担当相を対立候補に?

次から次に出てくる、驚きの連続。

小泉首相が、「それでも地球は動く」と自説を曲げなかったガリレオの話を出せば、亀井氏は「これでは、安政の大獄だ」と言う始末。

まさに歴史的な戦いになりそう。

9月11日が楽しみですね。

三浦知良は悲劇のヒーローか?

カズこと三浦知良選手は、サッカーのスーパースターながら、どうも悲劇のヒーローのイメージが強いです。
全盛期にイタリアのジェノアに移籍しても、試合中のヘディングで相手と競って衝突して、顔が変型するくらい血まみれになったり、何と言っても、フランスのワールドカップでは直前に日本代表をはずされたり…。「何か土壇場でついていない人だなあ」と同情していました。
その彼も今年で38歳。7月にはJ1のヴィッセル神戸をクビになっても、J2の横浜FCに移籍して、まだまだ現役を続けようとしている姿に感動してしまいました。

もちろん「サッカーが大好き」というのが根底にありますが、彼の類稀なる前向きな精神は厳しいプロの世界では最も大事なことだと痛感しました。

「週刊文春」8月11日・18日夏の特大号の「阿川佐和子のこの人に会いたい」に登場したカズは、これまでの波乱万丈のサッカー人生を非常に冷静に分析していました。最も印象深かったのが、以下の言葉。
「技術とかサッカー的なことより、何があっても常に人生楽しまなきゃいけないなということ。いいことも悪いことも全部自分のプラスに変えていくというマインドが大事ですね」

この話は何にでも通用するのではないでしょうか。

NPO

今日は、NPOサポートセンター常務理事の田中尚輝さんの講演を聴きました。

講演が終わって、ある中年のインテリ風の男性が「何で、それほどお金にもならないのに、ボランティアやNPO活動を、そんな楽しそうにできるのですか」と、質問していました。随分、ズケズケと聞くなあと、内心ヒヤヒヤでしたが…。

田中先生の答えは明解でした。

「人は、自分の利益のためだけで動かないものなんです。人の利益のためにも動くんですよ。結局、自分にはね返ってきますからね。自分の人生です。でも、いつか、終わりがあります。せっかく生まれてきたのですから、楽しみたいのです。それなら、義務感からではなくて、世のため、人のために行うと、結構、人生が充実するものなのです。私も民間の企業に勤めて、同じような仕事をすればもっと稼げると思います。でも、お金じゃないんですよ。逆に単なる仕事になれば、楽しめないと思います」

森の国、日本

日本は森林王国です。
国土の何と67%が森林です。

森の国と言われているドイツでさえ、40%もないのです。

フランスは23%。

イギリスは12%しかありません。

日本の何十倍もの広大な面積を持つ中国は、驚くべきことに10%しか森林がなく、砂漠化が進んでいるそうです。

それで、最近の中国の動向の背景が分かりました。

最後は、エネルギー問題に行き着くのです。

12億国民をどうやって食べさせていくか。統治者ならずと考え込んでしまいます。

北海道バルーンフェスティバル

北海道上士幌町の北海道バルーンフェスティバルに行って来ました。
実は昨日も行ったのですが、午後4時の飛行は「風のため中止」。悔しくて今朝5時に起きてでかけたのです。

競技は朝の6時から始まるのです。
でも早起きした甲斐がありました。ほんの少し風が吹いただけでも競技は中止されるからです。昨年と一昨年は、霧と強風で中止されています。

本当に見られただけでもラッキーだったのです。

ナイタイ高原牧場  

日本で一番広い牧場といわれているナイタイ高原牧場に行ってきました。

放牧された牛が3000頭もいるそうです。

あまり人間に慣れていませんが、思い切って近寄ってみました。

でも、皆、食べるのに忙しそうでした。

こうして高原牧場の夜は更けていく。

北海道池田町、全国初のドリカム専門ショップ

北海道池田町町営の「ワイン城」にある旧物産の館が人気グループ「ドリームズ・カム・トゥルー」の関連商品を販売する店舗に生まれ変わるそうです。

ボーカルの吉田美和さんが同町出身で「故郷に恩返しがしたい」という思いが実現しました。
この人、なかなかの故郷思いで、2年前の十勝沖地震では、ポンと500万円の義捐金をポケットマネーの中から贈っています。10月2日にオープンする予定で、ドリカムの専門ショップは、全国でも初めてだそうです。

ドリカム専門ショップは「DCT garden ikeda」(仮称)と呼ばれ、敷地面積が120平方メートル。メンバーのステージ衣装などを飾る「展示室」とTシャツやポスター、キーホルダーなどの関連グッズを販売する「ショップ」があり、年間2000万円の売り上げを目指すそうです。

だから何だ、と言われそうですが、だから何なんでしょうね?

天と地と

地上では、やれ、「郵政法案が否決されれば、衆院解散だ」「法案の中身が議論されていない」などと喧しいのですが、宇宙では、スペースシャトル「ディスカバリー」の野口聡一さんが船外活動で機体の補修に成功。

本当に「天と地」、「月とスッポン」の話です。

知床番外篇

相泊で見かけたエゾシカを追いかけてみました。

非常に警戒していました。

ところがフレペの滝にいたシカは観光客慣れしていて逃げようともしません。

なかなかの大物でした。